オーディオテクニカのATH-C505iを買ってみた!

s_ath-c505i-02

通勤中なんかにipodでpodcastをよく聞いているちゃまおです。
イヤホンの調子が悪くて、先日新調しました。
購入したイヤホンはこちら。

オーディオテクニカのATH-C505iです。
購入価格は1,556円なり。

イヤホンをよく断線させてしまうので一年に一回は買い換えてる気がします。
私にとってイヤホンは完全に消耗品。
なので安いにこしたことはないのだ。

スポンサーリンク

オーディオテクニカATH-C505i

こちらがパッケージ。
s_ath-c505i-02

裏面。
s_ath-c505i-03

付属品はこんな感じ。
コード巻き取りホルダーも付属しています。
s_ath-c505i-04

コードの長さは1.2m。
長すぎず短すぎず、鞄の中にiphoneを入れてイヤホンを伸ばして音楽を聞くのにちょうどいい長さです。
s_ath-c505i-12

プラグ形状はL型。
でっぱらないの邪魔になりません。
s_ath-c505i-14

ATH-C505iのイヤホンは少しだけ大きめ

イヤホンのサイズが少しだけ大きく感じます。
s_ath-c505i-10

私はそこまで耳が大きくないので、ずっとつけていると耳が痛くなります。
なので耳が小さい人にはオススメできないかも。
s_ath-c505i-11

一応サイズを測ってみました。
約15mm。
s_ath-c505i-15

リモコンについて

リモコンは押しやすいです。
もしかしたらアップル純正のより押しやすいかも。
押す時は「カチッ」と音がしてしっかりとした手応えがあるので、押し間違いも起こりにくいです。
これはかなりいい。
s_ath-c505i-07

裏面にはマイクもついています。
s_ath-c505i-09

音質について

私は普段あまり音楽を聞かないし、知識もないので参考程度に聞いてください。

音質はお世辞にもいいとは言えません。
特に低音の音抜けがよくないというか、全体的に音がこもっている感じがします。
擬音で表すとボンボン、ボワボワって感じ(わかりにくいw)

これは個人的に好みの音じゃないなぁ。

パッケージには「新設計ベースディメンションエキサイターで表現豊かな低音域再生」なんてよう分からないことが書いてあります。

ベースディメンションエキサイター!!

なんか必殺技の名前みたいですねw

これはつまり低音域を重視した設計になっているようですが、低音の味付けが強すぎて、歌声が聞き取りづらいです。
もう少し低音を抑えて、高音と低音のバランスを良くして欲しかったかな。

また、その売りである低音もなんとなく無理やり響かせている感じがしてしまいます。

総じて音質はイマイチ!

まとめ

音楽を好んで聴く人は違うイヤホンにした方がいいかもしれません。
低音が響きすぎて音が安っぽく聞こえます。
この辺りは好みによるのでしょうが。

ただ私は価格が安いことから「こんなもんか~」と勝手に納得して使っています。
そもそも私はpodcast中心なので音質はあまり気にしていません。
podcast用として使うなら価格も安いしリモコンもついているし必要十分です。
リモコンも純正のモノより個人的には押しやすいです。

まあ安価にリモコン付きイヤホンが手に入ったので、それだけでも満足かな。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m

2 件のコメント

  • 僕もこれより安いモデルのATH-C505iSを買ってしまいました。慣れてきた今では何ともないのですが、やっぱり耳が痛くなりますね。これより安いイヤホンでも、もっと音質ましなのあると思います。
    (すみません、このイヤホンに対する愚痴ばっかり言ってしまって)

  • よーすけさんコメントありがとうございます。

    やっぱりこのイヤホン……音質はイマイチですよね(笑)

    けれど恐ろしいもので毎日使っているとこの音質が当たり前になってきて、
    最近は違和感を感じなくなってきました。

    値段が安いのである程度の妥協は必要かもしれませんね。