Androidユーザーならauのスマートパスは解約しないほうが得かも!私は結局解約しなかった…という話し。

auの料金明細を見ていたら毎月401円の請求がきていることに気付きました。
ss-img102
なんだろうと調べてみたらこれは「auスマートパス」のサービス料でした。

そういえば昔機種変更するときにauスマートパスに加入した記憶があったような。

401円といえども、塵も積もれば山となりますからね。これから子供も生まれるし、家計を節約という意味もあってauスマートパスを解約することにしました。

しかし、色々と調べていくうちにAndroidユーザーならば、場合によってはauスマートパスは解約しないほうが「得」だという結論に達しました。

スポンサーリンク

スマートパス加入の有無で毎月割の割引額が変わる

なんとAndroidユーザーはauのスマートパスの加入の有無によって毎月割の割引額が変わるというのです。(*これはあくまでもAndroidユーザーの話で、iphoneユーザーには無関係の話です)

そんなこと全然知らんかった。

auの毎月割の説明ページにも小さく表記されています。ってかこんな小さく書かれても……。ユーザーフレンドリーじゃないなぁ。
ss-img099

Androidユーザーはauスマートパスに加入で毎月割が324円増える!

具体的に書くならAndroidユーザーはauスマートパスに加入することで、毎月割の割引額が324円増えます。

これは逆に考えるとauスマートパスを解約すると、毎月割が324円減額されるということです。

スマートパスを解約すると毎月割が324円減額!!

なんじゃそりゃって感じ。

今現在私はスマートパスの月額利用料として毎月401円払っているわけです。スマートパスに加入していると毎月割の割引額が324円増えるわけですから、実質スマートパスの利用料は月額77円ということになります。

たったの77円。

逆に言えば、スマートパスを解約しても77円の得にしかならないわけです。なんとも微妙な額です。

iphoneは無関係

ちなみにiphoneユーザーの場合はauスマートパス加入の有無で毎月割の割引額に変化はありません。必要ないならとっとと解約していいと思います。

スマートパスに月額77円の価値はあるか?

77円のサービスを真剣に論じるのはアホらしくも感じますが、お金はお金!一応AUスマートパスに77円の価値があるのか調べてみることにしました。

結論からいいますと、AUスマートパスには77円以上の価値は十分にあると思います。

ただ401円の価値があると考えると微妙かなといったところ。

特に私のような使い方だと

77円なら加入を継続してもいいけれど、401円かかるなら間違いなく解約するでしょうね。

ここでauスマートパスに加入することで得られるサービスを簡単にまとめてみましょう。

auスマートパスの一番のウリは「アプリ使い放題」

auスマートパスの一番の売りはアプリ使い放題でしょう。

Googleプレイにある全てのアプリが対応しているわけではなく、ごくごく一部ですが、中にはGoogle Playで購入すると有料のアプリもあります。

例えばスマートパス版のATOK。これはGooglePlayからダウンロードすると1,543円かかります。しかしauスマートパス会員なら無料でダウンロードできるわけです。よく考えたら私も使っていました(笑)

ウィルスバスターもスマートパス会員なら無料で使い続けることが出来ます。

他にもNAVITIMEなどの月額使用料がかかるアプリも、auスマートパス会員なら無料で使い放題です(ただしアプリによっては機能制限されているものもある)

こういったアプリを使うならすぐに元は取れてしまいますね。

余談ですが、LINEやパズドラなど無料で使えるアプリもauスマートパスのサイトには用意してあります。無料のアプリをauスマートパスからダウンロードするメリットて何かあるのでしょうかね。

50GBのデータお預かりサービス

auスマートパスには50GBのデータお預かりサービスがついてきます。スマホで撮った写真や動画、アドレス帳をauのサーバー上にバックアップできるというサービスですね。

今はGoogle Photoという神サービスがありますからそこまで必須ではありませんが、アドレス帳などを気軽にバックアップできるのはありがたいですよね。

au WALLET カード紛失・盗難時の10万円補償サービス

auスマートパスに加入していると、「au WALLET カード(プリペイド)」が盗難・紛失にあって不正使用されても最大10万円分(税込)補償されます。

au WALLETカードを使っている人には嬉しいサービスではないでしょうか。

映画の割引サービスもある

個人的に嬉しいなと思ったのが映画の割引サービス。スマートパスに加入していれば特定の映画館で映画を割引料金で見ることが出来ます。

TOHOシネマズなら毎周月曜日は映画が1100円で鑑賞できます。

ユナイテッド・シネマでは曜日関係なく1400円で映画が鑑賞できます。

ss-img101

映画が大好きで、近くに対応の映画館があるならこれだけでも元が取れてしまうかもしれません。

イオンシネマは未対応ですが、私はイオンカードを持っているので、こちらはカードを使えば300円割引で見れるので問題なし。

各種クーポンが発行される

他にもクーポンなども提供していて、ちゃんと使えば元は取れるのではないかと。
ss-img103

例えばカラオケの大手ビッグエコーではルーム料金が30%オフになったり、焼肉で有名な牛角では塩ハラミが1組1皿無料になるクーポンを配っていたりします。

上手に使えば、すぐに元は取れるのではと思います。

毎月割が終わったらどうするか

毎月割が終わったら解約しても何ら問題ないでしょう。

ただ解約すると

  • auスマートパスをからダウンロードしたアプリのデータ等は全部消えてしまいます。
  • データお預かりサービスの容量が50GBから1GBにダウンします
  • auスマートパス関連のクーポンももちろん使えなくなります。
  • auWALLETの紛失・盗難時の補償が受けられなくなります。

auユーザーはスマートパス会員でないと人にあらずといった感じで容赦なく各種サービスが終了します。まあ特段必須なものもないので全然構いませんが。

私も今の携帯の毎月割が終わったら解約すると思います。77円程度ならまだいいですが、そこまで使わないサービスに400円も払い続けるのは馬鹿らしいですからね。

クーポンは一々確認するのも面倒だし、写真のバックアップはグーグルフォトで事足りてます。auWALLETも持ってないですし、解約しても全然困りません。

唯一ATOKが使えなくなるのは困りますが、そうなったら1500円出して購入すればいいだけ。長い目で見たらそのほうがお得ですね。

ただ、私は毎回毎月割が終わる頃に機種変更することが多いので、その場合は月額の負担が77円程度なので、auスマートパスは加入し続けると思います。

まとめ

毎月割が残っているAndroidユーザーは実質の月額負担料が77円程度なので、そのままスマートパスに加入し続けるのが得かなと思います。77円位ならすぐに元は取れますからね。

ただiphoneユーザーや、毎月割が終了してしまったユーザーは、特に必要なければ解約してしまっていいと思います。

にしても携帯電話の料金体系のややこしさは本当に嫌になりますね。知らず知らずのうちに無駄なプランやオプションなど契約していて、損をしている人は多そうです。

販売員の言いなりになるのではなく、自分でしっかりと勉強して、無断を省いていいきたいものです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m

この記事もよく読まれています