手の平サイズのミニ三脚【ジェリーレッグス】がキター。軽くてコンパクトなのに結構スゴイやつ。

RX100M3を購入してからというもの、出かけるときはほぼ毎回持ち歩いています。簡単に綺麗な写真が撮れるので楽しい。

今回「ジェリーレッグス」というめっちゃ可愛いミニ三脚を購入したので紹介したいと思います。

ジェリーレッグス(Jelly Legs)って何?

ジェリーレッグスはアメリカのSquare Jellyfishという会社が製造・販売している「ミニ三脚」です。

これまず見た目が可愛い。大きさも絶妙。見た瞬間一目惚れしてポチってしまいました。
ジェリーレッグス

この三脚小さいですが中々の優れものなんですよ。

私は日本の販売代理店(?)のユリシーズさんから購入しました。

ユリシーズさんでは「普通のジェリーレッグス」と「ボールヘッド(雲台)付きのジェリーレッグス」の2つを取り扱っています。
ss-img265

今回私が購入したのは「ボールヘッド(雲台)付きのジェリーレッグス」でございます。価格は送料入れると3千円くらい。ミニ三脚としては少々高めかなー。

直接アメリカから購入すればもう少し安く買えますし、アメリカのAmazon.comでも扱っています。価格は13ドルくらい。ただしマケプレだと業者によっては送料が5千円くらいかかります(笑)ebay辺りで安いのを探すのもアリですが、それも面倒なので私は素直にユリシーズさんから購入しましたよ。

こっちは普通の「ジェリーレッグス」

こっちは私が購入した「ボールヘッド付きのジェリーレッグス」です。

三脚を購入する前に悩んだこと

RX100M3は手ブレに強いし、自分撮りもできるので、今のところそこまで三脚を必要とするシチュエーションに出会っていません。
s-16012210
夜景あたりも「手持ち夜景モード」を使えば誰でもある程度は綺麗に撮ることができますからね。マジ神機です!

今のカメラって高性能ですから、三脚が必要になるシチュエーションって限られてるんですよね。

私の使い方だと三脚が必要なシーンは、

  • シャッタスピードを長くして撮影したい時
  • 家族写真や集合写真を撮りたい時

くらいです。

あまり使用頻度が高くないのに重くて大きい三脚を購入するのは抵抗があります。重たい三脚だとよっぽど気合を入れないと持ち歩けないですからね。

私の理想の使い方は「常時カバンに入れておけて、必要なときにサッと取り出せて使える」なんですよね。

「ジェリーレッグス」はそんな使い方にピッタリ!
ジェリーレッグス rx100m3を乗せてみた

ジェリーレッグスはとにかくコンパクト

ほら。めっちゃ小さいでしょ。
ジェリーレッグスを手のひらに乗せてみた

ボールヘッド(雲台)を付けてもこの大きさです。
ジェリーレッグス(ボールヘッド)を手のひらに乗せてみた

以前紹介した「アウトドア」のカメラポーチのミニポケットにも収納可能。もちろんチャックもしまります。
アウトドカメラポーチ ジェリーレッグス

取り付けたままでも、こんな感じで折り曲げておけば、カバンの中でそこまで邪魔になりません。
s-16012855_02

ただこの状態だと私が愛用しているアウトドアのカメラポーチのチャックは閉まりません。
s-16012855_01

少し飛び出してしまいますが、まあ私の場合はこれで問題なし(笑)
s-16012855

実際使ってみた

ボールヘッドと三脚は別々のパーツとなっています。ユリシーズさんから購入すると日本語の説明書もついてきますよ。
ジェリーレッグスとボールヘッドの写真

ポケットティッシュと並べてみました。うーん。小さい。
ジェリーレッグスをポケットティッシュと比べてみる

2つを合体させてみました。合体させると大体全長10cmくらいです。
ジェリーレッグス(ボールヘッド)をポケットティッシュと比べてみる

ボールヘッド。デザインは可愛いが作りは結構ちゃちい。すでに何かしらの雲台を持っているなら、無理に購入する必要はないかも。
ジェリーレッグス ボールヘッド

カメラに取り付けるとこんな感じ。
ジェリーレッグスとRX100M3

足の先がシリコンになっているので、滑りにくいです。これはいい。
ジェリーレッグスとRX100M3 シリコンになっているので滑らない

足を狭くして高さを変えてみました。何かの生き物みたい(笑)
ジェリーレッグスとRX100M3 高くしてみた

後ろに倒してみます。中々安定しています。
ジェリーレッグスとRX100M3 倒してみた

これまた足を狭くして高さを変えてみました。さすがに若干不安定ですが、ちゃんとバランスを取れば倒れることはありません。
ジェリーレッグスとRX100M3 足を高くしてみました

足を閉じればこんな風にグリップとしても使えます。
ジェリーレッグスをグリップとして使う

雲台はもちろん市販の物も使用可能です。スマホホルダーをセットしてみました。
s-16012809_01

足の開閉とボールヘッドの固さは調節可能

ジェリーレッグスの足の固さは三脚の胴体の底面にあるネジで調節できます。調節にはマイナスドライバーが必要です。
ジェリーレッグス マイナスドライバーで足の開閉を固く

ボールヘッドも同様に底面にあるネジで固さを調節できます。ただボールヘッドの固さ調節ネジはかなり小さいので、小型のマイナスドライバーが必要です。

ジェリーレッグス ボールヘッド マイナスドライバー

ボールヘッド底面

調節すればかなり固くなるので、それなりに重たいものでも乗せることができそうです。

ユリシーズさんのブログで「ジェリーレッグスのボールヘッド仕様は、どこまで高荷重に耐えられるか。」という記事もアップされています。600gくらいだったら耐えれそうですね。

なんだかんだカバンに入れておくと便利

ジェリーレッグスというミニ三脚を紹介してみました。

この三脚。デザインがとにかく可愛いですよね。なんとなく所有欲をくすぐられる商品です。
ジェリーレッグスと綺麗なジャイアン

機能的にもこのサイズの三脚としては必要十分といった感じ。一眼など重たいものは難しいかもしれませんが、コンデジ用途には本当にピッタリだと思います。

軽くてコンパクトなので鞄に入れておいても邪魔にならないので、私はいつもカメラと一緒に持ち歩いています。

旅のお供にオススメです^^

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m