箱ティッシュの一枚の値段っていくら?何組のティッシュを買うのが一番お得なの?

最近ティッシュの消費が激しくて(決してエロい意味ではなく)、しょっちゅうティッシュペーパーを購入しています。花粉などの影響もあるのでしょうが、箱ティッシュってかさばるから買うのが面倒くさいですよね。

そこでふと思ったのですが、

箱ティッシュって160組、180組、200組と色々出てるけど、結局のところどれを購入するのが一番お得なの?

ということで調べてみました!

スポンサーリンク

何組の箱ティッシュを購入するのが一番お得か?

箱ティッシュの価格はスーパーや薬局によって大きく変わるので、単純に比較するのが難しいですね。

なので今回は今回はAmazonのランキングの上位にラインナップされている箱ティッシュのなかで、「ティッシュ一枚の価格」を算出してみることにしました!!

160組、180組、200組の箱ティッシュのAmazon最安値を選んで比較していきます。

箱ティシュ1枚の計算式

箱ティッシュ一枚の計算式は、

ティッシュ1枚の値段 =(ティッシュペーパーの価格 ÷ 個数)÷ 組数

で算出しています。

*ティシュは大抵二枚一組なので、二枚一組を一枚として計算しています。

なお、言うまでもありませんが、ティッシュの価格は変動しやすいし、セールよっても大きく変わってくるので、今回の記事は参考程度に見てくださいな。

それでは行ってみましょー!

160組、180組、200組のティッシュ一枚あたりの値段は?

160組代表 ネピアネピネピティシュ

160組の箱ティッシュの中でAmazon最安値がこちら。

この記事を書いている時点での値段は236円です。

なんとこちらの商品はティッシュペーパーのジャンルでAmazonランキング1位の人気商品。

人気の秘密はやはり安さでしょう。160組の箱ティッシュは他にもたくさんの種類がありますが、こちらの商品が圧倒的に安いです。

ではティッシュ一枚の辺りの値段を算出してみましょう。

ネピアネピネピティッシュ一枚辺りの値段

計算式:(236円÷5)÷160組=0.295円

●ネピアネピネピティッシュ

Amazon価格:236円
一箱辺りの値段:47.2円
ティッシュ一枚の値段:0.295円

一枚あたり0.3円を切ってきました!。Amazon1位の名は伊達ではありませんね。

180組代表 エリエール ティシュー

続いて180組の箱ティッシュ。
Amazonの180組箱ティッシュのラインナップの中で一番安い商品はコチラ。

この記事を書いている時点での値段は291円です。

美しいグラデーションのパッケージが特徴ですね。

ティッシュペーパーのジャンルではAmazonランキング3位の商品です。

エリエール ティッシュー 一枚辺りの値段

計算式:(291円÷5)÷180組=0.323円

●エリエールティッシュ 

Amazon価格:291円
一箱辺り:58.2円
一枚あたり:0.323円

160組のネピネピティッシュと比べると若干高いですね。

200組 スコッティ ティッシュー

私的大本命200組の箱ティッシュ。
Amazonの200組箱ティッシュのラインナップの中で一番安い商品はコチラ。

この記事を書いている時点での値段は311円です。

私が普段一番購入するのはこの200組のティッシュです。やはり200組のティッシュは長持ちするからいいんですよね。

スコッティティッシュー 一枚辺りの値段は?

計算式:(311円÷5)÷200組=0.311

●スコッティティッシュー 

Amazon価格:311円
一箱辺り:62.2円
一枚あたり:0.311円

おお!160組のネピアネピネピティシュよりは高いですが、180組のエリエールティッシュよりは安いです。

今回のティッシュお得ランキング

それでは今回の結論です。

●ティッシュ一枚辺りの値段安い順!

1位 ネピアネピネピティッシュ(160組) 0.295円

2位 スコッティティッシュ(200組) 0.311円

3位 エリエールティッシュ(180組) 0.323円

ということで1位は160組のネピアネピネピティッシュになりました!!

※あくまでもこのランキングは2015年4月24日のAmazon価格に基づくものであり、日によって変動することをお伝えしておきます。

ちょっと待て! ネピネピティッシュはまだ買うな!

Amazonではネピアネピネピティッシュが一番安いという結果になりました。

しかしだからといってネピネピティッシュに飛びつくのは早計です。

というのも160組のティッシュは使いきるのも早く、その分ティッシュの補充頻度が高いわけです。

一方の200組のティッシュは、ある程度長持ちするので、補充の頻度や購入の頻度を遅らせることが出来ます。

つまり価格から考えるとネピネピティッシュが一番オトクだが、時間効率を考えると200組のティッシュに軍配が上がるわけです。

ティッシュで節約を考えるのははっきりいってアホらしい

そもそもティッシュ一枚の差は数銭ですからね。ティッシュで節約を考えるのははっきりいってアホらしいです。

だってですよ。今回のケースで考えてみると、1万枚のティッシュを使っても、1位の160組のティッシュと2位の200組のティッシュでは160円の差しかでないわけです。

一万枚使っても缶ジュース一本分の節約にしかなりません。

というわけで私の結論!!

箱ティッシュは少々高くても200組の物を買うべし! 時間効率を考えるとそれが絶対お得!

 
 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m

この記事もよく読まれています