漫画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」を読んだら猛烈に親孝行がしたくなった。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

泣きました。
涙腺が決壊したと思うほどに泣きました。

それはこの本を読んだからです。

衝撃的なタイトルですが、ホラー漫画ではありません。

母親をガンで亡くした著者が、その心情や出来事などをつづった自伝エッセイ漫画です。

「こうすれば癒やされますよ」という自己啓発的な内容ではなく、ただただ隣に寄り添って「私は母がなくなった時にこう感じました」とささやいてくれるようなそんな優しい漫画です。

Kindle版もあります。私はkindleで読みました。

本の一節を引用します。

僕の仕事の自慢話を 飽きもせず我がごとのように 聞いてくれる存在は おそらくこの世で 母親ただ一人

ささやかな自慢で 母を喜ばせることが いつの間にか 僕の楽しみに なっていたのです。

それが突然奪われて しまったものだから…

僕の身体はいつまでも 風邪を引いたように 気だるく重い…

この頃の僕は 何のために働いて 何のために生きているのか それがさっぱりわからなくなっていて

いたるところに残された 母が生きていた痕跡を 見つけるたび 僕は

この母のいない世界を 生きる意味について 考えるように なっていました

スポンサーリンク

読んだ後、猛烈に親孝行がしたくなった

読んだ後は猛烈に親孝行がしたくなりました。そのことに気づかせてくれただけでもこの本を読んでよかったです。

私の母親はまだ健在ですが、もしその日がきたら何を感じるのだろう。きっと色々なことを後悔するだろうし、心にぽっかりと穴が開いた気持ちになるに違いない。

誰にでも平等に訪れるのが「死」です。そして普通に考えると親は自分より先に亡くなります。

けれど私はそのことを一度も真剣に考えたことはなかったな。なんでか分からないけれど、母が死ぬわけないと心のどこかで思っていたんですね。でもそんなことはありえないわけで。

一緒に住んでいた時は「うざい」なんて思っていたのに、遠くはなれてみると、その存在の大きさやありがたみを嫌でも実感させられる。それが母親です。

子供にとって親は絶対であり、それはいくつになっても変わらないのかもしれません。

今できる親孝行をしっかりとしていこう。

そんなことを感じさせてくれる一冊でした。

かなりオススメです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m