【レビュー】au AQUOS Phone SHL23を二ヶ月使ってみて感じたこと【感想】

shl23

こんにちはちゃまおです。

私はスマホの機種はiphoneではなくアンドロイドのau AQUOS Phone SHL23を使用しています。

大容量バッテリーとフルHDのIGZO液晶を搭載したシャープ製のスマートフォンです。
もちろん高速データ通信のLTEも対応しています。

以前はsony ericsonのXperia acro HD IS12Sという機種を使っていたのですが、動作はもっさりしているしすぐにフリーズするしでストレスマックスでした。

一日でも早くこのストレスから解放されたかったので、まだ二年経ってないのですが思い切ってスマホの機種を変えることにしました。
スマホは毎日使うものですからね。

そうして買ったのがSHL23。

使用から二ヶ月ほどたちだいぶ慣れてきたので、今回はSHL23の使用レポートを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

外観

サイズや重量

こちらがSHL23の外観です。
結構大きいです。
au AQUOS Phone SHL23

手に持つとこんな感じ。
s_aquosphone_shl23-06

私はそこまで手が大きい方ではないのですが、なんとかギリギリ片手で操作できています。ただやはりサイズが大きいので手が小さい人では片手での操作は難しいと思います。

本体の角が丸くなっているのは嬉しい心遣い。そのお陰で持ちやすさがアップしております。

仕様書を見れば分かりますが一応長さを測ってみました。
14cm!
s_aquosphone_shl23-18

私が前に使っていた機種is12sとの大きさ比較です。
左がAQUOS Phone SHL23で右がソニーエリクソンのXperia acro HD IS12S。
s_aquosphone_shl23-03

is12sも初めて持った時は大きく感じましたがそれ以上です。ただ大きい割にかなりの薄さなのでかさばりません。
左がSHL23で右がIS12Sです。
s_aquosphone_shl23-34
IS12Sより薄くなっています。

重量は145g。
大きさの割にかなり軽く感じます。

下端のベゼルについて

画面上部はスピーカーやカメラがあるから仕方ないとして、画面下端のベゼル(銀色の部分)が少々広くて完全に無駄なスペースとなっております。
この部分を無くしてそのぶん液晶を大きくして欲しかった。
s_aquosphone_shl23-05

裏面

こちらが裏面。
s_aquosphone_shl23-14
裏面はとりたてて特徴はございませんが、シンプルでカッコイイです。
カメラ位置が上端にあるのはいいですね。
この位置だと手にレンズがかかりにくいので。

前機種のis12sはレンズの位置が真ん中にあったので、写真を取るときによく手が映り込んでいました(私の持ち方が悪いだけだがw)

左がSHL23で右がIS12S
s_aquosphone_shl23-15

外観その他

本体側面には電源ボタンのみです。
ボリュームボタンやカメラボタンは側面にはありません。
s_aquosphone_shl23-11

ボリュームは液晶の左下についてます。
(写真見にくいですが+と-の表記があるところです)
詳しくは後述しますが、このボリュームキーは少々押しにくいです。
s_aquosphone_shl23-10

上部にはsimカードとSDカードの差込口とイヤホンジャックがあります。

蓋を閉じた時。
s_aquosphone_shl23-20

開けた時。
simカードとSDカードはともにこの中に差し込みます。
こちらも後述しますが、SDカードが結構深く差し込まれるのでちょっとだけ取り出しにくい。
s_aquosphone_shl23-19

本体上部右角には伸縮式のアンテナを搭載しています。
フルセグにも対応しており、テレビ番組は視聴だけでなく録画もできます。私はほとんど使っていませんが。
s_aquosphone_shl23-35

下部にMicro USB端子がついております。
卓上ホルダを使わない場合はこちらのキャップを開けて充電します。
s_aquosphone_shl23-81

角にはストラップホールもありますよ。
s_aquosphone_shl23-82

こちらが卓上ホルダ。
横向きに充電するタイプです。
s_aquosphone_shl23-30

ケースをつけると卓上ホルダが使えないかも。
(ケースによっては使えるものもあるみたいです)
s_aquosphone_shl23-31

試してないのではっきりとはいえませんが、バンカーリング的なやつをつけると卓上ホルダにはまらなくなるかもしれません。

SHL23は防水対応!

このSHL23は防水対応なのが嬉しいですね。
IPX5/IPX7の防水規格をクリアしています。

IPX5……あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない。
IPX7……約1mの深さに一時的に30分間沈めても動作に影響がでない

動作や画質について

液晶画質についての感想

フルHDのIGZO液晶が使われています。

液晶は少し赤みが強い気がするかな。
自然な発色とは言い難い気もしますが全体的には満足です。
写真も鮮やかに閲覧できますよ。
s_aquosphone_shl23-17

ただ液晶に関しては正直、前機種is12sのほうが自然な発色で綺麗です。
けどまあ全然許容範囲です。

明るさの設定も適当なので何の参考にもならないかもしれませんが一応IS12Sとの比較写真。
左がSHL23で右がIS12S。
s_aquosphone_shl23-16

動作について

SHL23のCPUはSnapdragon 800(2.2GHz、クアッドコア)
メモリは2GBです。

前機種のis12sはお世辞にもキビキビとは言えませんでした。
カメラを撮るのもメールアプリを開くのも時間がかかりストレスの日々でした。

SHL23はアプリの起動もカメラの起動も快適でストレスを感じません。
かなりサクサク動くので今のところノーストレス。
これだけでも買ってよかった!!

通知バーについて

SHL23の通知バーはこんな感じ。
私はアプリを使っているので標準とは表示が若干違っていますが……。
s_aquosphone_shl23-29

上部にあるトグルボタンはこんな感じで広げられます。
色々とボタンひとつで設定できます。
もちろん並べ替えもできますよ。
s_aquosphone_shl23-27

SHL23は電池持ちが驚異的!

この機種の一番の売りが電池持ちでしょう。

前の機種であるis12sは電池持ちが悪くモバイルバッテリーは必需品でした。
一日持たないことがほとんど。

対するSHL23はバッテリーのもちが本当に驚異的にいいです。
前の機種と同じように使っていても、一日の終りに確認すると余裕で60%以上残っています(80%以上残っている日もありました)

普通に使う分には充電なしで2日は持つかな。

電池画面。
16時間以上使ってもまだ60%残っています。
この日はネットやyoutube閲覧者など結構色々なことに使っています。
s_aquosphone_shl23-26

前使っていた機種のIS12Sだと同じくらい使うとほとんど空になっていたので感涙モノ。
この機種に変えてからモバイルバッテリーを持ち歩かなくなりましたよ。

ゲームをやっているとさすがにそれなりに減りますが、それでもかなり電池持ちはいいです。ネットやメールやLINEくらいの用途なら、一日以上余裕で持つと思います。

カメラの画質は?

このブログで使っている写真の多くはこのスマホ(SHL23)で撮っています。
(当記事をのぞく)

いくつかSHL23で撮ったサンプル写真を載せておきます。

画質は4k2k(3840×2840)で全てオートで撮影しています。
クリックすると元画像に飛びます。サイズが大きいので注意してください。

個人的には十分満足な出来。
ブログに載せる写真としては必要十分です。
写真を撮るスピードも早いですよ。

グリップマジックについて

この機種固有の特徴として「グリップマジック」という機能があります。
これはスマホを手にもつだけで電源をオンにしてくれる便利な機能です。

手に持つと一秒かからないくらいの時間で「パッ」と画面がついてくれます。
買った当初は便利にこの機能使っていたのですが今は使っていません。
電源のオンオフは完全に自分の意志だけで行いたいタイプなので、手に持つだけで勝手に電源がオンになるのが少しだけストレスに感じてしまって。

機能自体はセンサーの反応もいいし十分実用的だと思います。

駄目な所

音量の位置が駄目

SHL23は音量ボタンの位置が戻るボタンのすぐ下についています。
しかも物理ボタンじゃなくタッチ式のボタンです。
s_aquosphone_shl23-10

これが非常に使いにくい!
間違えて戻るボタンを押してしまうことが何度もあります。
 
また、androidではスクリーンショットを撮る時は電源ボタンと音量のマイナスボタンを同時に押すのですが、ボタンの位置が悪い&タッチ式のせいでスクリーンショットがすごぶる撮りにくいです。

これは改善の余地があると思います。

ただスクリーンショットに関してはアプリで代用できるので許容範囲かなと思います。
(プリインストールアプリにもスクリーンショットを撮れるアプリが入っています)

音量が小さい

前機種のis12sと比べると音がよくありません。
というか全体的に音が小さいです。
youtubeとか見る時はメディアの音量をマックスにしてちょうどいいくらい。
着信音に気づかないことは今のところないですが、もう少し音が大きい方が個人的には嬉しいです。

バッテリー(電池)の取り外しができない

この機種はバッテリーの取り外しができません。
そのため電池が劣化した場合auショップで預けた後有償交換になります。
電池はいつか必ず劣化するものなので自分で交換できないのはやはり不満ですね。

電源ボタンが軽い

電源ボタンがとても軽いです。
押してる感覚があまりないくらい。
ふとした拍子に指をかけてしまい、押してしまうことが多々あります。
例えばカメラ撮るときに誤って電源ボタンを押してしまうことが何度かありました。
もう少ししっかりとしたボタンにして欲しかった。

micro SDカードが取り外ししにくい

micro SDカードがそれなりに深い位置まで差し込まれるので装着と取り出しがしづらいです。

写真ではわかりづらいですね。
s_aquosphone_shl23-22

爪が短い時はなにか道具を使わないと取り出せません。私はいつも爪を切りすぎて短いのでw、爪楊枝とかボールペンとか先が細いもので脱着しています。
正直不便っす。
嫁さんは爪が長いので普通に取り出せてましたw

まとめ

色々不満点も書いてきましたが、音量関係以外で今のところ大きな不満はありません。

とくに電池の持ちが最高にいい!
この一点だけでもこの携帯に変える価値があると断言したいです。

もちろん動作もサクサクだし、使っていて今のところほぼノーストレスです。

あと前機種は3GだったのでLTEによる高速通信はやっぱりいいですね。
ネットがかなり快適になりました。

長く使っていきたいスマホにようやく出会えた感じです。
迷っている人にはぜひともおすすめしたいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m