『ちゃまお』が日常生活を便利で楽しくする情報を配信!

Amazonプライムビデオを利用して3年経ったのでその魅力と弱点を解説してみる

私はAmazonの動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」3年以上利用しまくってます!

今では生活の一部と言っていいほどです。

この記事ではプライムビデオを使い倒してきた私がその魅力やイマイチだと思う点を本音で書いてみたいと思います。

アマゾンプライムビデオとは?

Amazonプライム・ビデオとは「Amazon」が提供しているプライム会員向けの特典の一つです。追加料金無しで1万本以上の映画やドラマ、アニメなどの作品が見放題になります。

似たようなサービスに「hulu」や「Netflix」がありますね。

利用には「プライム会員」になる必要があります。

プライム会員って何?

プライム会員とはアマゾンの有料会員サービスです。

年間3,900円(月額325円)で加入できます。

プライム会員になるとビデオ見放題以外にも「送料無料」や「音楽聴き放題」などお得な特典が山盛りでつくので、アマゾンをよく利用する方は加入して損はないでしょう。

解約はいつでもできますし、30日間の無料体験もあるので、気になる方は気軽に試してみましょう。
プライム会員の無料体験

プライム会員に関しては下記の記事で超詳しく解説しているのでご覧くださいませ。

プライムビデオにはどんな種類の作品があるの?

プライムビデオには2種類の作品があります。

  • プライム会員は追加料金無しで見放題の作品……約1万本
  • 有料レンタル作品……約6万本

プライムビデオ全体の作品数は現在7万作品以上ですが、その中でプライム会員が見放題になる作品は1万本前後です。

見放題作品のラインナップは?

映画・ドラマ・バラエティ・アニメ・ドキュメンタリーなどラインナップはかなり豊富です。

なんとあのLALALANDも見放題対象です。

↓現在オンエア中のアニメも見放題対象になっていたりします。

バラエティだったら松本人志さんの「ドキュメンタル」が有名ですね。こちらはAMAZONオリジナル作品です。

無料とは思えないラインアップの数々に個人的には大満足です。

有料レンタル作品のラインナップや料金は?

レンタル作品はやはり新作や準新作が基本ですが、結構古い作品も有料だったり法則性はありません。

レンタル料金は作品によって異なります。旧作は100円から200円前後が多いですね。新作は300円から500円程度が多いです。

また、再生後48時間(作品によっては72時間)見ることが可能です。

プライムビデオはどうやって見る?

スマホやタブレット見る場合はアプリ

スマホやタブレットで見たい場合は専用のアプリがあります。

Amazon プライム・ビデオ

Amazon プライム・ビデオ

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

アプリだと作品をダウンロードすることもできます。ダウンロードしておけば、通信環境がないところでも作品を楽しむことができます。電車の移動中などに重宝しますよ。

パソコンで見る場合はブラウザで

パソコンならAmazonの公式サイトから見ることができます。

テレビで見たい場合はFire TV(Stick)

やっぱり映画やドラマはテレビの大画面で見たいですよね。

そんなあなたにオススメなのが「Amazon Fire TV Stick」です。
Fire TV Stickを手に持ってみる

この手のひらイサイズの機械をテレビのHDMI端子というところに差し込んで、Wifi接続するだけで、テレビでプライムビデオが楽しめちゃうんです。

プライムビデオだけでなくhulu、Netflix、youtube、DAZNなどの各種動画配信サービスにも対応しています。

この機械が一台あるだけでテレビが映画館に変わります!動画配信サービスを使っている方には必須アイテムだと思います。

プライムビデオの7つの魅力

プライムビデオを使って分かった7つの魅力を一つずつ紹介していきます。

魅力1:コスパが良すぎる

プライムビデオはとにかくコスパが最高なんです。

動画配信サービス単体で考えても、HuluやNetflixなどと比べて破格の安さ!だって月額325円ですからね。

さらにこの金額で送料無料や音楽聴き放題、お急ぎ便無料など他の特典もついてくるわけです。

サービスの価格崩壊や!

他の動画配信サービスと比較してみましょう。

サービス名 月額(税込み)
プライムビデオ 325円(年間プラン)
Hulu 1,007円
Netflix 1,200円(スタンダードプラン)
dTV 540円
U-NEXT 2,149円

もちろん作品数などに違いはあるので一概に比較はできませんが、コスパだけ見るとプライムビデオが頭ひとつ抜けています。

私も最初プライム会員特典のおまけ程度なんでしょ……なんて思っていたのですが、その疑念はいい方向に裏切られました。

魅力2:見放題作品がたくさん!

プライムビデオにはプライム会員が見放題のビデオがたくさんあります。

「どうせ無料だからおまけ程度なんでしょ?」なんて思っているといい意味で裏切られます。

かなり見れる作品が揃っているんですよ!

あのゲーム・オブ・スローンズはシーズン6まで見放題!

シングも見放題。普通にいい映画です。

織田裕二さんが主演ドラマ「スーツ」の原作であるアメリカ版「SUITS/スーツ」もシーズン6まで見放題ですよ。

ほんとプライム特典のおまけとは思えないレベルです。

魅力3:オリジナル作品の質が高い!

プライムビデオには限定配信やオリジナル作品もたくさあります!

オリジナル作品に関してはプライム会員は追加料金なしで見られます。

作品の傾向としては「日本のバラエティー」に力を入れている印象がありますね。

プライムオリジナル作品の数

2018年11月現在のプライムオリジナル作品の数を調べてみました。

日本のバラエティ 42作品
日本のドラマ 15作品
アメリカのドラマ 42作品
キッズ番組 18

正直オリジナル作品の数はhuluやNetflixが圧倒しています。でもAmazonも毎月のようにラインナップが増えているので、今後も期待できますよ。

オリジナル作品をいくつか紹介

ダウンタウン松本人志さんの新しい試み。フリーズ。かなり賛否両論あるバラエティとなっています。

野性爆弾のワールドチャネリング!独特の笑いがクセになります。オススメ!

複数の美女が1人の男性を取り合うというバチェラー!個人的にはシーズン2のほうが面白い。

クレヨンしんちゃんの外伝!全12話。こちらもアマゾンでしか見れません。

魅力4:新作レンタルができるのも嬉しい。有料だけど。

プライムビデオがhuluやNeflixより強い点は「コスパ」以外には「新作配信」ですね。

huluやNetflixは見放題の作品数はプライムビデオに圧倒していますが、その分新作に弱いんですよね。

プライムビデオでは「見放題作品」だけでなく有料レンタル作品も取り扱っているので新作も見ることができます。

最近はグレイテストショーマンをレンタルしましたよ。

魅力5:対応デバイスが豊富!

プライムビデオは様々なデバイスに対応しています。

デバイス名 画質 ダウンロード
パソコン SD、HD 不可
ipad
iphone
ipod touch
SD、HD
Androidデバイス スマホによって異なる
Amazon Fire TV(Stick含む) SD、HD、Ultra HD 不可
Fireタブレット SD、HD
プレイステーション3
プレイステーション4
SD、HD 不可
Nintendo Wii U HD 不可
Apple TV SD、HD
UHD/HDR(Apple TV 4Kのみ)
不可

上でも書きましたがアプリだと作品のダウンロードもできます。

魅力6:子供向け作品大量で息子歓喜!

我が家の息子は「電車大好き!」

プライムビデオではなんと「機関車トーマス」の映画が無料で配信されています。

他にも「チャギントン」や「お母さんといっしょ」などもプライム見放題に配信されているので、子育て中かなり重宝しますね。

現在絶賛放送中の「新幹線変形ロボ シンカリオン」も無料配信対象作品です。ありがたやー!!

魅力7:懐かしいアニメやドラマでほっこりする

プライムビデオの見放題作品のラインナップが結構渋かったりするんですよね。

例えば最近だと例えばDr.スランプアラレちゃん。私は世代なのでつい懐かしくみてしまいます。

ドラマだったら「結婚できない男」とか大好きだったなぁ。こちらも見放題です。

おっさんの懐古主義いえばそれまでですが、昔好きだった作品がたくさんあるのはいいですね。

これが月額325円なんて最高すぎる!

プライムビデオのデメリットと弱点

続いてプライムビデオのデメリットを見ていきましょう。

弱点1:作品の配信が急に終わったりする

これはプライムビデオに限らず全てのVODサービスにも言えることなんですが、作品の入れ替わりが頻繁です。

明日見ようと思っていた作品が急に見れなくなっていたり、無料から有料レンタルに変わっていたりみたいなことが結構あります。

ちなみにプライム対象じゃなくなる作品に関しては下記のページで確認できます。
30日以内にプライム会員特典ではなくなる作品

この記事執筆時点では30日以内に「265作品」がプライム会員特典ではなくなることが分かります。

ドラえもんもプライム特典じゃなくなるのか。がーん(涙)

まあ定期的に作品の入れ替わりがあるほうが新鮮で楽しいですけどね。新しいコンテンツも随時追加されていくわけですから。

弱点2:日本の作品に字幕機能が物足りない

プライムビデオには「外国の作品」にはもちろん日本後字幕がつきます。

しかし!「日本の作品」には日本語字幕は出ません。

日本作品でも「日本語字幕」があったほうが、うるさい環境でも見れるし、セリフを聞き逃すことも減るのでありがたいんですけどねー。

国内作品でも日本語字幕が出るようにしてくださいアマゾンさん。

ちなみにNetflixだと日本の作品でも日本語字幕がでます。この点はNetflixのほうが使い勝手が上です。

弱点3:英語の勉強には向かないかも

プライムビデオは「字幕」と「吹き替え」が別作品扱いです。つまり見てる途中に音声や字幕の言語を切り替える……みたいなことができません。

字幕の設定メニューはあるものの字幕のON、OFFくらいしかできないです。

「吹き替え」と「字幕」を交互に見たいとか、英語の勉強に使いたい……なんてときはプライムビデオだと若干不便だと思います。

これまたNetflixだと作品途中に字幕や言語を変えることができるので便利なんですよね(huluもできないが)

英語の勉強に使いたい場合はNetflixのほうがオススメです!

弱点4:Fire TV(Stick含む)で見ると「レビュー」が表示されない

Fire TV経由でプライムビデオを見ると「作品のレビュー」を見ることができません。

レビューを見たい場合はアプリかブラウザで見る必要があります。

Amazonのレビューってなんだかんだ参考になるので、Fire TV(Stick)からでも見れるようにしてほしいですね。

弱点5:二話目無料多し!

ドラマやアニメの場合1話目のみ無料で、二話目から有料レンタルみたいな作品がそれなりにあります。

まあ1話目を無料で見れるだけでもありがたいですが、もう少し全話無料の作品を増やしてほしいところではあります。

プライムビデオを3年使った感想

プライムビデオを見ていると「テレビ」というものが時代遅れのフォーマットだと痛感させられます。

だってプライムビデオはわざわざ録画の手間がいらず、好きな時間に好きな作品を好きなだけ楽しむことができる。

人間がテレビに合わすのではなく、テレビが人間に合わせてくれる。そんな未来的なサービスですね。

コスパだって最強!だって送料無料などAmazonの特典がいっぱいついて月額325円ですからね。

ぶっちゃけ他のプライム特典がなくても加入を考えるレベルです。

私はプライムビデオがきてから地上波を見る時間が激減しました。

プライム特典の「おまけ」と考えているといい意味で裏切られますよ。

まとめ

というわけでAmazonプライムビデオを3年以上使った感想でした。

プライム会員の方は遠慮しないで利用しまくりましょうー!ほんと使わないともったない。

まだプライム会員じゃない方でも、Amazonを月に一度でも利用する方は加入する価値があると思います。

プライム会員は30日間の無料体験もあるので、気になる方は試してくださいね。
プライム会員の無料体験へ

↓プライムビデオ以外のプライム特典が知りたい方や加入を迷っている方はこちらの記事もごらんくださいませ。