『ちゃまお』が日常生活を便利で楽しくする情報を配信!

【百均】ダイソーのりんごカッターが最強に便利だったので紹介してみる。キャンドゥよりオススメ。

リンゴカッターを使って一瞬でリンゴが八等分に

リンゴって美味しいですよね。

けれどリンゴは食べるために乗り越えなくてはいけないハードルが少々高いのがネックです。

「みかん」や「バナナ」は手でむいて、切り分けられるのに対し、「りんご」の皮はどう頑張っても手でむけませんし、切り分けも不可能。ピーラーや包丁が必要になってきます。

それゆえにりんごを食べる時は「食べたいけど面倒だわー」という葛藤に勝利しなくてはいけません(おおげさ)

しかし!そんな葛藤を瞬時に葬り去ってくれるグッズがあるんです。

それがこちら。リンゴカッターです。
ダイソーリンゴカッター

100円ショップ「ダイソー」で購入しました。

私はこの商品を購入してから、リンゴを食べる頻度が格段に上がっています。

ダイソーで買ったリンゴカッター

このリンゴカッター。上からぐっと押し付けるだけで、リンゴが八等分できてしまうという便利グッズなんです。
リンゴカッターが便利 百均

早速使ってみましょう。リンゴをまな板に置いたら上からリンゴカッターをグッと押し込みます。
リンゴカッターでりんごを切ってみる

力はそれなりに必要ですが、一度刃が入ると後はスムーズに行きます。

普段筋トレなど全くしない妻でも難なくカットできるので、女性でも問題なし。
リンゴカッターを使って一瞬でリンゴが八等分に

下まで押し込みました。まさに一瞬でリンゴが八等分になります。快感や(笑)

反対側はこんな感じ。完全に切断されているわけでがありません。皮一枚残ってますね。
リンゴカッター 反対側から見てみる

ただ、ここまで切れていればあとは手で簡単にもぎ取れます。

そしてカットできたリンゴがこちら。わずか数秒でこの通りですよ。楽ちん。超楽ちんです!

まあ一部若干芯が残っているリンゴもありますが、これくらい許容範囲ですねー。リンゴの大きさにもよるのだと思います。

今までは包丁で八等分して一つ一つ芯を取り除いていましたからね。それと比べると圧倒的時短ですね。

言うまでもありませんが、このリンゴカッターでは皮はむけません。皮はカット前にむくか、皮ごと食べればオーケーですね。

ちなみにリンゴは皮にこそ栄養があります。私は最近は皮ごと食べておりますよ。

リンゴの皮むきが面倒な場合はこんなグッズもあります。気になる。買っちゃおうかな(笑)

画像はamazonより引用

キャンドゥよりダイソーのリンゴカッターのほうがおすすめ

実はこのリンゴカッター2台目なんです。最初の一台は百均のキャンドゥで購入したんです。

キャンドゥで購入したリンゴカッター

しかし!キャンドゥのリンゴカッターはダイソーのリンゴカッターより直径が少し小さい。

キャンドゥのリンゴカッターの直径は約8.5cm。
キャンドゥー リンゴカッター直径

ダイソーのリンゴカッターの直径や約9.5cm。

一センチも違います。直径が小さいと大きいりんごは入らないんですよね。

正直ダイソーのリンゴカッターでも小さいと感じることがあるので、キャンドゥでは尚更です。

見て下さい。今回カットしたリンゴもサイズ的にギリギリ(汗) キャンドゥのリンゴカッターではこのリンゴサイズだとまず入らないです。

たかが一センチ。されど一センチなのであります。

amazonで調べたら直径が大きいリンゴカッターも売ってました。

こちらの商品は内径13cmほど。小ぶりのパイナップルやメロンもカットできてしまうみたいですねー。

こっちは内径12.5cmほど。ステンレス製でカッコイイ。けれど若干高い。

リンゴをたくさん食べる人は大きいの買ってしまうのが良いかもですね。

ダイソーのリンゴカッターは百円ですからあまり文句も言えません(笑)

まとめ

りんご好きなら買って損なし!

こういう便利グッズを導入して面倒くさい料理から解放されましょう。

時短は正義です!