家電やガジェットなどオススメ商品のレビューブログ!

EarFun Air本音レビュー!IPX7防水とワイヤレス充電に対応した高品質・高コスパなワイヤレスイヤホンです!

今回は「EarFun Air」というワイヤレスイヤホンをレビューしたいと思います。

EarFun Airは5,000円前後という低価格ながらIPX7等級の防水にワイヤレス充電対応という中々のコスパの高さを持ったワイヤレスイヤホンです。

さらに自動装着検出機能までついており、この価格帯の製品の中では性能的に頭一つ抜けている印象です。

今回はEarFun Airを実際に使ってみての感想をメリット・デメリットともに本音で書いていきたいと思います。

ちゃまお

ワイヤレスイヤホンの入門機にピッタリ!

EarFun Airの概要と特徴を簡単に


EarFun AirはCES2020イノベーション・アウォードiFデザイン・アウォード2020という2つの賞を受賞したワイレスイヤホンです。

ちなみにダブル受賞は世界初だそうです。

作っている会社は「EarFun」という中国のオーディオメーカー。設計から製造まで自社で行っているそうで、随所にそのこだわりが感じさせられるイヤホンです。

今回紹介するEarFun Airは5,000円台というお手軽な価格帯にもかかわらず、

  • IPX7等級の防水性能
  • ワイヤレス充電
  • 自動装着検出機能
  • 厚みのある豊かな音質

を揃えたコスパが高いモデルになっています。

AppleのAirPodsなんて安いモデルでも2万円近くしますからね。

「AirPods高すぎ!」って人にはベストチョイスの一つだと思いますよ。

EarFun Airのスペック表

Earfun Air外箱

EarFun Airスペック
BlueToothバージョン 5.0
最大通信距離 15m
連続使用時間 一回の充電で最大7時間
充電ケースと併用すれば最大35時間
充電方法・端子 USB-C急速充電&ワイヤレス充電対応
イヤホンの充電時間 イヤホン:約1.5時間
充電ケース:約2時間
(ワイヤレス充電だと3.5時間)
バッテリー容量 イヤホン:55mAh × 2
充電ケース:500mAh
防水規格 IPX7
重量 充電ケース重量:約51g
イヤホン重量:約5.3g
対応コーデック SBC、AAC
対応Bluetoothコーデック A2DP、AVRCP、HFP、HSP
ノイズキャンセリング なし

EarFun Airは18ヶ月の交換保証がついている

EarFun Airには「気に入らなければ30日間は無条件で返金」「18か月間交換保証」がついております。よっぽど商品に自信があるのでしょうか。


とにもかくにも保証がしっかりしている点は安心ですね。

EarFUn Airのデザインと付属品をチェック

結構しっかりとした外箱です。
Earfun Air外箱

パカッとな。箱に磁石がついていてピタッとくっつくようになっています。こういう地味な配慮が嬉しい。ちょっとテンション上がりました(笑)

付属品です。
earfun Air 付属品

付属品一覧
  • 充電ケース
  • イヤホン本体
  • イヤーピース(XS・S・M・Lサイズ)
  • USB-Cケーブル
  • 説明書(日本語対応)

当たり前ですが説明書は日本語対応です。

earfun Airイヤホン本体

イヤホン本体です。俗に言う「うどん型」ですね。

手に乗せるとこんな感じ。

重量は5.5gと大変軽量。耳への負担もかなり少ない。

光沢感があるボディなので若干指紋が目立ちます。まあ特に人にじっくり見られるもんでもないので問題ないでしょう。

イヤピースはXS・S・M・Lの4サイズが付属しています。これだけあれば間違いなく自分に合うサイズがあるはず。

ちゃまお

私はSサイズがピッタリでした

装着感も悪くありません。ランニングや縄跳び中に使っても落ちることイヤホンが落ちることはなかったです。

Ear Fun Airの充電ケースを紹介

こちらが充電ケース。丸っこくて角がないデザインで持ちやすい。

パカッとな。こんな感じでイヤホンをはめて充電できます。

なんと嬉しいことに上下裏表がないUSB-C端子です。上下合わせのストレスから開放されます。

残量もインジケーターの色で教えてくれます。

  • 緑 30%以上
  • オレンジ 30%以下
  • 赤 10% 以下
  • 赤点滅 1%以下(要充電)

そうそう。EarFun Airはワイヤレス充電にも対応しています。この価格帯でワイヤレス充電がついているのは珍しい(※ワイヤレス充電器は別売りです)

充電台に載せるだけで充電できるのは楽ちんでいいですね。

EarFun Airの接続(ペアリング)は簡単でノーストレス!

では早速スマホとペアリングして使ってみましょう。

接続はめっちゃ簡単!

ケースの蓋を開けると自動的に電源がオンになりペアリングモードになります。

あとはスマホのBluetoothをオンにして設定から「EarFun Air」をタップするだけ。

一度ペアリングが完了したら、次回からは蓋を開けるだけで自動的に繋がります。

ちゃまお

接続時間めっちゃ早いです。ケースから出した瞬間に繋がる感じ。これは快適!

操作方法

EarFun Airの操作は、イヤホン本体についたタッチセンサーをタッチすることで可能です。

物理ボタンではなく静電容量式タッチセンサーなので軽くタッチするだけで操作できます。物理ボタンと比べて操作時の耳への負担が少ないんですね。

音楽操作

再生/一時停止 L or Rを2回タップ
曲送り Rを3回タップ
音量を上げる Rを触れたままにする
音量を下げる Lを触れたままにする

ハンズフリー操作

電話を受ける/切る L or Rを2回タップする
着信拒否 L or Rに2秒間触れたままにする
現在の通話を保留にして新たにかかってきた電話に応答する L or Rを3回タップする
2つの通話を切り替える L or Rを3回タップする
新たにかかってきた電話を通話拒否にする L or Rを2秒間触れたままにする

音声アシスト機能

音声アシストの起動/解除 Lを3回タップする

ちゃまお

よく使うコマンドだけ覚えておけばOKです

【重要】EarFun Airの音質はどう?

肝心の音質ですが、これがかなり良いんですよ!

全体的にフラットな印象でボーカルの声がすっとキレイに入ってきます。音の広がりもよく、音源を忠実に再生してくれていますね。

かといって低音が弱いわけではなく、いい感じに響くので心地よい。

低価格帯のイヤホンにありがちなシャカシャカな感じもありませんし、高音と低音のバランスが良く音の厚みをしっかりと感じます。

6千円以下のワイヤレスイヤホンはたくさん使ってきましたが、忖度抜きでこの価格帯の中ではトップクラスの音質だと思います。

もちろんAACにも対応しているのでiPhoneユーザーも安心して使えます。

ちゃまお

Bluetooth5.0を採用しているので、接続も安定しており、遅延もほとんどありません。

EarFun Airのここが気に入った!

音質はかなり満足していますが、それ以外で気に入った点を見ていきましょう。

イヤホンだけで音量操作ができる!

EarFun Airはイヤホンのタッチセンサーを長押しするだけで音量操作ができるんですよ!

長押しすると本体の音量がちゃんと上下します。

曲送りや一時停止ができるイヤホンは数あれど、音量操作まで対応しているイヤホンってあまり多くないんですよね。

あのAppleのairPodsも音量操作は対応していませんから。

音量操作のためにわざわざsiriに頼ったり、スマホを取り出さなくていいのは本当に便利です。

ちゃまお

私は音量操作結構多用するので、かなり嬉しい!

自動装着検出機能が意外と便利だった!

EarFun Airは「自動装着検出機能」なるものがついております。

画像はAmazon.co.jpより引用

これは【イヤホンを耳から取り外すと自動的に音楽が停止し、再びつけ直すと音楽が再開する】という機能です。

ちゃまお

片方のイヤホンを耳から外すだけで作動します

例えば誰かに急に話しかけられたときなど、わざわざイヤホンをタップして一時停止する必要がなくなるんです。精度もよく、耳から取り外すとちゃんと止まりますし、つけ直すとちゃんと再生します。

たまにある「イヤホンを外したあと再生されたままになっており、充電がゼロになっていた」みたいなことがなくなります。

これが地味に便利で快適!

最高レベルの防水「IPX7」

EarFun Airの防水規格は最高レベルのIPX7です。

これは一時的に水没しても内部に浸水することがないレベルの防水規格です。もちろん耐汗性も備えております。

雨の日や運動中の汗などはなんの問題ありません。

私はランニングが趣味なので運動中に使っていますが、とっても快適ですよ。

フル充電すれば1週間は余裕で持つバッテリー

イヤホンは一回の充電で7時間の連続使用が可能です。再生ケースと併用すれば35時間再生可能です。

ちゃまお

一日5時間使っても一週間は持つ計算です

またイヤホンを10分充電するだけで2時間の再生が可能になるなどバッテリー面での不満はほぼほぼ皆無です。

充電時間
  • イヤホン:約1.5時間
  • 充電ケース(USB-C):約2時間
  • 充電ケース(ワイヤレス充電):3.5時間

上でも書きましたがワイヤレス充電に対応している点もポイント高し!

EarFun Airは接続の安定性が高く、低遅延!

従来のワイヤレスイヤホンはイヤホンの片側が親機となり、子機側に信号を伝送する「リレー伝送方式」が主流ですが、EarFun Airでは最新の「MCSync技術」が採用されています。

これは左右それぞれのイヤホンに直接信号を伝送するもので、従来のリレー伝送方式より

  • 安定性の向上
  • 低遅延
  • 音飛びなどがしにくい
  • 音の解像度のアップ

という強みがあります。

確かにyoutubeやNetFlixを見ていても遅延は感じませんし、途切れたりすることもありませんでした。

ペアリングも蓋を開けるだけで簡単ですし、接続の安定性が高いのは嬉しいですね。

earFun Airの気になった点

続いて気になった点もお伝えしましょう。

操作感度

私は今までにいくつものワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、EarFun Airはタッチ感度が少しだけ悪く感じました。

特にトリプルタップは数回に一度は失敗します。3回タップしたつもりが2回タップ扱いになってしまったりと若干コツがいる感じです。

あと早めにタップすると認識してくれないときが多く、ゆっくりタップする必要があったりと、操作に関しては若干ストレスを感じました。

もしかしたらこれは個体差もあるのかもしれませんが、もう少し感度を良くしてほしかったと思います。

「前の曲に戻る操作」がタッチでできない

次の曲に進む操作はタッチでできるのですが、「前の曲に戻る操作」がありません。

私は結構前の曲を何度も聞くタイプだったりするので、この操作は欲しかったかな。


不満点は現状これくらいですね。かなり高いレベルでまとまったワイヤレスイヤホンだと思います。

EarFun Airまとめ

EarFun Airのここが良かった!
  • 音質の良さ
  • 接続の安定性の高さ
  • IPX7等級の防水
  • ワイヤレス充電
  • 不満のないバッテリー持ち
  • イヤホンでの音量操作

EarFun Airは5,000円前後という価格帯ながらも、日常使いに必要な機能がほぼすべて含まれた高コスパの良イヤホンですね。

設定も簡単だし、IPX7相当の防水機能もついて、さらにワイヤレス充電にも対応しています。

個人的に気に入ったのが「自動装着検出機能」。イヤホンを耳から外すだけで再生を停止してくれるのは思った以上に便利です。

そして何より音質の良さ。この価格帯ではトップレベルの音質だと思いますよ。

これだけの性能が揃って5,000円台というのは中々すごいコスパの高さ。

買い替えだけえなく、入門機としてもピッタリですし、通勤や通学、ランニング時の大事な相棒になってくれると思います。

ちゃまお

私も普段使いに愛用中です!