『ちゃまお』が日常生活を便利で楽しくする情報を配信!

個人事業主が住宅ローンの事前審査を受けてみた!アルヒと楽天銀行とSBIではどこがオススメ?

ずっと賃貸派だった私ことちゃまおですが、なんとこの度家を購入することにしました。

35年ローンや(どん)!!

賃貸の自由気ままな生活も捨てがたいのですが、子供が2人に増え今住んでいる家も手狭になってきたのでいいタイミングかなと。

何より妻の猛烈な説得にあいました(遠い目)

ただ私は個人事業主なんですよねー。

個人事業主は世間的に立場がものすっごく低いので住宅ローンが通るのか不安です。

我が家は共働き世帯ですが、妻は現在育休中なのでローンを通すのは難しい。

そこでまずは手始めに数社で事前審査を受けてみることにしました。

フラット35でローンを組むぞ!

変動金利、固定金利色々ありますが、我が家は最初からフラット35一択!

金利がこれからどうなるかは分かりませんが、こんなニュースも出てきましたし、やはり長期的に見ると徐々に上がっていくのではと思います。

また、多少金利が高くても、金利の動向を一切気にしない生活のほうが絶対精神的に楽!妻も同意見。もし金利が今より下がったら借り換えを検討すればいいだけですしね。

個人事業主が住宅ローンの事前審査を受けてみた

フラット35は銀行からお金を借りるわけではなく、住宅金融支援機構という機構から借りることになります。

しかし住宅金融支援機構から借りるといっても、どこの窓口(金融機関)を通すかで「金利」や「手数料」、「付帯するサービス」などが違ってきます。

しっかりと比較してお得な金融機関から申し込むのがいいです。

私は今回とりあえず4つの金融機関に事前審査を申し込んでみました。

事前審査の段階で4つも申し込む必要はまったくないのですが、そこはまあブログのネタ作りも兼ねております。

事前審査に使った金融機関
  • アルヒ
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • SBI銀行

 

*全部フラット35で事前審査を申し込んでいます。
*今回事前審査をお願いした4つの金融機関はインターネットだけで事前審査が完了するのでとっても楽ちんでした。

今回事前審査を行った上の4つの金融機関は金利に関してはほぼ同じだったので、あとは手数料や付帯するサービスなどから決めることになります。

審査結果は?

4つとも全部通りました。まあ言っても事前審査ですからね。本番は本審査や!

去年は仕事を頑張ったこともありそこそこ売上が良かったんですよね。ただ今年は売上が下がってるので、来年審査してたら事前審査の段階から落ちてたかもしれん(汗)

フリーで働いてると売上安定しないですからね。ローンの審査をするなら売り上げが良いときにするのが一番かもしれません。

事前審査で受かっても本審査で落ちることは多々あるみたいなので全く安心はできません。「フラット35は事前審査全く意味ない」みたいな口コミもよく見かけますしね。

では続いて各金融機関の事前審査を受けてみた感想などを簡単に書いていけたらと思います。

全部フラット35での審査となっております。

アルヒ

アルヒ

アルヒはフラット35の件数が8年連続シェアNO1!ネット調べる限り評判も相当高い。

私も住宅ローンを組むということで色々調べましたが、手数料や金利を入れると現状「楽天」と「アルヒ」の2強という感じです。

不動産業界に長年勤めている妻の兄も「住宅ローンならアルヒか楽天銀行がオススメ」と言っておりました。その義兄も最近家を購入してアルヒでローンを組んでいますし、アルヒは不動産業界のプロも使う住宅ローンってなところでしょうか。

アルヒの事務手数料は?

事務手数料(融資手数料)とは、住宅ローンを借りる時に金融機関に支払う手間賃みたいなもんですね。この事務手数料はバカにならない金額なのですが、各金融機関ごとに結構な差があります。

まずアルヒの事務手数料ですが、店舗で申し込むと借入額の2%と少々高い。

しかしアルヒはWEBで申し込むと事務手数料が半額の1%になるんです。これは業界的に見てもかなり安いほうです。

  • 店舗で申し込んだ場合の事務手数料……借入額×2.16%(税込み)
  • WEB上で申込んだ場合の事務手数料…借入額×1.08%(税込み)

4,000万円借りるとしたら事務手数料がどれくらいになるのか計算してみましょう。

アルヒで4,000万円借りた場合の事務手数料
店舗で申し込むと事務手数料は864,000円。
WEBで申し込むと事務手数料は432,000円。

その差40万以上!

でかすぎ!!!

アルヒを利用するなら少しくらい手続きが大変だとしても、WEBで申し込んだほうがどう考えてもお得です。

アルヒの事前審査にかかった期間

一日で事前審査はすべて完了しました。

まず事前審査申し込んでから数時間後にアルヒから電話がありました。

電話で聞かれたことは以下の通りです。

  • 名前
  • 生年月日(西暦で答える)
  • 住所(都道府県から言う)
  • 年収の確認
  • 借入希望額の確認

これ以上突っ込んだことは何もきかれなかったので、本人確認以上の意味はなさそうです。

電話での本人確認が終わると、30分もしないうちに「事前審査終了」のお知らせがメールで届きました。

事前審査が通った後は、本審査に進むことになります。

マイページからWeb本申込書類発送依頼をしましょう。
アルヒ マイページからWeb本申込書類発送依頼

その後数日してアルヒから「借り入れ申込書」が届きました。結構分厚い。
アルヒから借り入れ申込書が届いた!分厚い!

楽天銀行

楽天銀行のロゴ
今回事前審査を受けた中で一番入力がややこしかったのが楽天です。

というのも事前審査の申込みフォームがかなり細かい。フラット35Sの技術基準を細かく選ぶ欄があったり、工事業者・仲介業者の担当者名まで入力する項目が合ったり事前審査でここまで書く必要あるの?というレベル。
楽天銀行 事前審査

私はまだどの物件にするかアバウトの状態だったので入力がかなり面倒でした(それでもなんとか入力しましたが)

楽天銀行の事前審査は購入する物件がほとんど決まっている人向けだと思います。

楽天銀行の事務手数料は?

楽天銀行の事務手数料はネット銀行の中でも最安値クラス。

通常だと「借入額×1.404%(税込み)」なのですが、なんと返済口座に楽天銀行を指定すると、手数料が「借入額×1.08%(税込み)」になるんです。

楽天銀行で4,000万円借りた場合の事務手数料
通常:561,600円
返済口座を楽天にすると:432,000円

楽天口座を引き落とし口座にするだけでアルヒと同水準の手数料に!

私は今回住宅ローンを借りるなら「アルヒ」か「楽天銀行」のどちらかにすると思います。

審査にかかった時間は?

2日ほどで結果がきました。

楽天は金曜日の午前中(11時頃)に申し込みました。

で、次の日(土曜日)の13時頃審査の結果がメールで届きましたよ。土曜日なのに審査してるんですね。
楽天銀行 事前審査結果のメール

アルヒみたいに電話などは一切なくWEB上だけで事前審査が完結しましたよ。

イオン銀行

イオン銀行
今回事前審査を受けた中で一番入力が簡単だったのがイオン銀行です。

インターフェースがとにかく分かりやすい。どれくらい手数料がかかるか……みたいな目安も教えてくれるし、すべてが丁寧。

「とりあえず事前審査を受けてみたい」なんて方にはイオン銀行はかなりオススメです。

イオン銀行の事務手数料は?

ただイオンは手数料が楽天やアルヒと比較すると高めなんですよね。

イオンフラット35の融資手数料:融資額×1.836%

イオン銀行で4,000万円借りた場合の手数料

手数料は734,400円(税込み)

楽天やアルヒと比較すると事務手数料が高い。

ただイオンは手数料こそ高いですが、イオングループでのお買い物が毎日5%オフになったり嬉しい特典もあります。融資の相談窓口もありますし、対面でしっかりと相談したい方にはいいのではないでしょうか。

対面相談重視ならアルヒより手数料は安いですしね。我が家は近くにイオンがないし、今回はイオン銀行は選ばないと思います。

イオン銀行の審査時間は?

事前審査はものすごく早かったです。申し込んでから15分程度で事前審査手続完了のメールがきましたよ。
イオン銀行 住宅ローン 事前審査の結果
本当に審査しているのか怪しいレベルの早さです(笑)

電話での本人確認などは一切ありませんでした。

その後数日して本審査申込書が送られてきました。
イオン銀行住宅ローン

SBI銀行

SBI銀行

SBI銀行でも事前審査受けてみましたよ。入力も特に難しい点はなくスムーズでした。

SBI銀行の事務手数料は?

SBI銀行の事務手数料……借入金額*2.08%

SBI銀行で4,000万円借りた場合の手数料
手数料864,000円。

業界的には標準的な手数料率なんですが、アルヒや楽天と比べるとやはり高い。

あえてSBI銀行を選ぶ必要はないように感じますが、SBIにも強みはあります。

それは全疾病保障が無料で付帯されることです。事務手数料はアルヒや楽天と比べると高いですが、全疾病保障が無料で付帯されることを考えるとトータルコストはむしろSBIのほうが安くつくかもしれません。あくまでも全疾病保障への加入を考えている人前提の話ですが。

私は団信は加入しますが、全疾病保障の加入は特に考えていないので、今回SBIは候補外になるでしょう。

SBI銀行の審査期間は?

SBI銀行の審査時間も早かったです。
13時頃に仮審査を申し込んで、当日の16時には審査完了のメールがきましたからね。
SBI銀行 住宅ローン 事前審査の結果メール

SBIも電話での本人確認などは一切ありませんでした。

その後数日して正式審査申し込みの書類が届きました。
SBI銀行 住宅ローン 正式審査の書類

数社事前審査を受けてみて

今回フラット35で事前審査を受けてみましたが、金利はどこも横並びなものの、手数料にはかなりの差が出ますねー。

やはり「楽天」か「アルヒ」が手数料はダントツに安い。住宅は高い買い物なので事務手数料が1%違うだけで何十万もの差になりますからこの差はでかい。

私は選ぶなら「楽天銀行」か「アルヒ」のどちらかにするでしょう。特にアルヒは頭金の2割を出せればさらに金利が安くなりますから、条件が合う人は一番オススメです。

事前審査後に物件を替えたい場合は?

事前審査に通ると本審査用の書類一式が送られてきます。

そこで疑問に思ったのが「事前審査で通した物件を本審査で違う物件に変えて良いのか?」ということです。

借入希望額が上がっているならもちろん駄目ですが、借入希望額が同額もしくは下がったなら再度事前審査を受ける必要はないんじゃないかなと疑問に思ったんですよね。

アルヒに聞いてみました。

結論から言うと物件を変えたら再度事前審査からやりなおしとのことです(あくまでもアルヒの場合)。

面倒ですが仕方ないですねー。

まとめ

ということで事前審査体験レポート(?)でした。

やはり「アルヒ」と「楽天」が頭一つ抜き出てますね。

個人的にはアルヒのほうがマイページから簡単に担当者にチャットできたり、色々とわかりやすかったので好感触です。頭金を二割出せばさらに金利が安くなるのもポイント高し。

私はおそらく「アルヒ」で手続きを進めていくと思います。

購入物件が確定して、本審査に進んだらまたレポートしたいと思います。

ではでは。