『ちゃまお』が日常生活を便利で楽しくする情報を配信!

【購入から1年経過】iPad pro10.5と一緒に買ってよかったグッズ7つ紹介します!

iPad pro10.5を購入して1年間が過ぎました。

主な用途は

  • ネット
  • ブログ記事の下書き
  • ゲーム
  • amazonビデオで映画見たり
  • お絵かき

でございます。

こちらにipad pro10.5のレビューも書いてます。

特に出先でブログの下書きなどには大変重宝しています。

今回はそんなipad pro10.5と一緒に使っていてめっちゃいいなと思ったアイテムと、これ必要なかったなーと思うアイテムを紹介したいと思います。

Apple pencil

ご存知Apple pencilです。

まあこれに関しては説明不要でしょう。

apple pencilの下記味はまさに最高の一言です。ちょっとしたメモ書きにもお絵かきにも使えて本当に便利。

バッテリがー切れたとしても、15秒の充電で30分使うことができるのもいい点ですね。

私はちょいちょい絵を書くほうなので、この用途だけでもipad proとapple pencilを購入してよかったと思っています。

Apple Pencil 用のカバー

続いてこちら。Apple Pencil 用のシリコン製カバーです。

Apple Pencilのキャップって小さいので失くしやすい!このまま使っているといつか絶対になくす自信があります。
apple pencilキャップ紛失しそう

そこでこのシリコン製カバーの出番です!
apple pencil用シリコン製カバー

こんな感じに装着します。
apple pencil用 シリコン製カバー

これを装着することにより充電時でもキャップが落ちなくなるので、紛失リスクを限りなく減らすことができます。

またペンを持つところに凹凸があるので、グリップ感が増します。製品自体シリコンなので滑りにくくなるので、イラストなどが書きやすくなりました。

Apple Pencilのキャップは紛失しやすいのでこの手のグッズは必須だと思います。

コスパ最高!iPad Pro10.5用のケース

iPad Pro10.5用のケース(カバー)です。

私は間違えて2つ購入してしまったので、家にもう一つ在庫があります(笑)
TopACE iPad Pro 10.5 専用ケース 極薄 ソフト クリア

このカバーなんと価格が700円前後とコスパ抜群!
TopACE iPad Pro 10.5 専用ケース 極薄 ソフト  コスパが良い!

素材はTPUラバー。落下の衝撃に強く、柔軟性があります。
TopACE iPad Pro 10.5 専用ケース 極薄 ソフト クリア 柔軟性がある!

いざ装着!
TopACE iPad Pro 10.5 専用ケース 極薄 ソフト クリア 装着!

ボタンの押しやすさも問題ありませんし、充電もカバーをつけたまま可能です。

音量ボタンや電源ボタンも問題なく押せます。

イヤホンジャック部分。

価格の割に作りは結構しっかりしています。

また、ipad pro10.5は裸の状態で使うとカメラが飛び出していて、非常に危なっかしい。乱暴に扱うとレンズに傷がつきそうです。

ipad pro10.5。カメラのレンズが少し飛び出している

それもこのケースを付けることでレンズの出っ張りがなくなるので傷つけるリスクを減らすことができます。

カバーは各社から様々ななものが出ているので好きなものをこ購入すればいいと思いますが、700円前後と失敗できる値段なのでケース選びに悩んでいる方はとりあえず購入しておいて損はないと思います。

ただこちらのカバーをつけるとsmart keyboardは装着できないのでその点だけ注意して下さい。

smart keyboardも装着したいなら以下のケースがオススメです。こちらは1400円程度ですがスマートキーボードにも対応しています。

tomtocのインナーバッグ

ipad pro10.5とその周辺機器を収納できるバッグです。


価格も2,000円程度と大変手頃。

私はこのバッグに以下のものを入れています。

  • iPadpro10.5
  • Bluetoothキーボード
  • アップルペンシル
  • モバイルバッテリーおよび充電ケーブル
  • タブレットスタンド

ポケットは全部で3つ。これらを全部入れるとこんな感じ。余裕で入ります。

タブレットを入れるところにはクッションが入っているので液晶面などもしっかり保護されます。

側面のファスナー付きポケットにはアップルペンシルは縦向きでも横向きでも難なく入ります

ちょっとipadを外に持ち歩きたい時、ものすごく重宝するバッグです。

折りたたみ式Bluetoothキーボード

最近のお気にいりがこれ。EC tecnologyという会社が出している折りたたみ式Bluetoothキーボードです。

私は今までにたくさんのBluetoothキーボードを購入しては買い替えてきました。どれもしっくりこなかったんですよねー。

このBluetoothキーボードはそんな私が始めてしっくりきたBluetoothキーボードなんです。

レビューも書いてます。

折りたたんで手に持つとこの大きさ。重量も184gと超軽い。持ち歩くのに負担になりません。

キータッチの感触も大きさの割に良好で打っていて楽しくなるキーボードです。

ipadでブログの下書きをする時はもっぱらこのキーボードを使っています。

超軽いタブレットスタンド

折りたたむと超コンパクトになるタブレットスタンドです。

折りたたむとこの通り。

胸ポケットに入るサイズです。

私はこのタブレットスタンドを上で紹介したbluetoothキーボードとセットで使っています。ipad pro10.5くらいのサイズならこのスタンドで問題なく使えます。

やはり持ち歩くには軽くて嵩張らないにこしたことはありません。価格も500円前後と激安なので持っていて損なしです。

ペーパーライクなフィルム

最後はこちら。

ミヤビックスの「書き味向上ペーパーライク 保護フィルム」です。

iPad Proは何もフィルムを貼ってない状態でapple pencilを使うとツルツルとペンが滑ってイラストや文字が非常に書きにくい!

そこで購入したのがこちらの「ペーパーライクな保護フィルム」です。
書き味向上ペーパーライク 保護フィルム iPad Pro 10.5インチ

この保護フィルム。表面がザラザラしているので、Apple Pencilが滑りにくくなります。その結果書き味が抜群に向上するんです。

ちなみに私が購入したミヤビックスのペーパーライク保護フィルムはパッケージがかなり簡素。液晶画面を拭くシートみたいなものも付いてきません。

リアルにこれだけです(笑)

ただ、貼る前と貼った後では書き心地全然違いますよ。iPad Proでイラスト作成する方はほんとこの手のフィルムは必須だと思います。

デメリットもあります。

「画質」と「触り心地」は間違いなく低下します。

論より証拠。こちらの画像をご覧ください。このフィルムを貼ることで画面が白っぽくなります。

また表面がザラザラしているせいで光が乱反射して画面がほんの少しチカチカします。例えるならめっちゃ細かい水滴が画面全体についたような感じでしょうか。

触り心地も若干低下しますね。フィルムの手触りがほんのりザラザラしているのでフリックなどは確実にしにくくなります。アクションゲームなどは結構プレイに差がでるかもしれません。

ただ、これらの問題は数日使ってると慣れます。私はもはや画質や手触りの違和感はゼロになりました。

まあ現実ipad proでイラストを書きたいならこういったペーパーライクフィルムがないと厳しいですからね。

画質を取るか、書き味を取るかという選択肢になってくると思います。Appleさんが滑らないペン先を出してくれるのが一番なんですがねー。

まとめ

ということでipad pro10.5と一緒に買ったアクセサリーの紹介でした。

気になった製品があったらチェックしてみてくださいね。

私も何か面白いグッズを見つけたらブログで紹介したいと思います^^

↓今回紹介したグッズ一覧