超快適!画面拡大&防水仕様の新型「kindle oasis」レビュー!PaperWhiteマンガモデルから買い換える価値はある?

kindle oasis 新型 箱

amazonが2017年10月末日に発売した新型のkindle oasisを購入したのでレビューしたいと思います。


新しいkindle oasisは画面サイズが拡大し、防水対応という素晴らしい進化を遂げましたね。

使い始めてから二週間ほど経ちましたが、もう大満足!気に入りすぎて無駄に本を買いまくっております。来月の請求書が怖い(涙)

私はkindleのpaperwhiteマンガモデルも持っているので、それと比較しながらレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

私が購入したモデル

私が購入したkindle oasisは

  • 32GB
  • Wi-Fi + 3G
  • キャンペーン情報なし

です。

3G通信に関しては悩んだのですが、ないよりはあったほうがいいの精神でついポチってしまいました。外出中いつでも同期できるのは嬉しい半面、やはり価格が高いですねー。

というか高すぎる気が……!

私はプライム会員ですので、4,000円引きになりますが、それでも40,000円超えですよ。

40,000円!!(涙)

PS4や廉価版のipadより高いという。

Kindle oasisはゲームができるわけでもyoutubeが見れるわけでもなく、ただただ電子書籍を読むしか用途がありません。それに4万円とは中々購入に決断がいる価格帯ではあります。

結局買ってよかったの? 結論

これは即答しますが、買ってよかったです!

  • ページ送りもサクサク。
  • 画面拡大でマンガも読みやすい!
  • 防水対応でお風呂の読書も捗る!

満足度はかなり高いです。

いかんせん価格が高いので、値段分の価値があるかどうかは難しい判断ですが、paper whiteマンガモデルより処理速度が早いこともあって、読書がものすごく快適になりました。

私はほぼ毎日本を読むのでこの差はでかいですねー。

本が好きな人は購入して損はないと思いますよ。

いざ開封!

箱!
kindle oasis 新型 箱

そして付属品!
新型kindle oasis付属品

私はついでにフィルムも購入しました!
新型kindle oasis フィルム

セットアップ前に早速フィルムをペタリ。

本当は見やすさを重視してフィルムなんて貼りたくないんですけどねー。傷つくのが嫌なので非光沢のフィルムを張りました。視認性は若干落ちますね。

どうでもいいですがこのフィルムボタンの上下になぞのパンチ穴が空いております。なんの意味があるんだろう。

kindle oasis

kindle oasisはpaperwhiteと違って左右非対称で、物理ボタンがあるのが特徴ですね。

左右非対称といっても、左右どちらの手で持っても画面が自動で回転してくれるので、右利きはもちろんのこと左利きでも全く問題ありません。現に私は左利きだしね。

背面はアルミニウム。色はダークグレーのみ。持つと多少ひんやりしますね。もう少し明るめのカラーも出してくれたら尚よかった。

充電はmicroUSBで行います。

画面サイズ拡大の恩恵はでかい!

従来のkindleとの一番の違いはやはり画面の大きさでしょう。

左が新型oasis。右がpaper whiteです。
kindle oasisとpaper whiteの比較

たかが1インチですが、これが思った以上に良い!新型のoasisを使った後にpaper whiteを使うと「画面ちっちゃ!」と違和感が出るほどです。

もうね。7インチ最高ですわ!

マンガがものすごく読みやすくなりましたよ。

新型oasisはpaper whiteと比べるとベゼルの細さが際立ちますね。幅は物理ボタンの関係でoasisの方が大きいですが、高さはoasisの方がコンパクト。

また重さもpaper whiteが205gなのに対し、新型oasisは194gと軽いんです。これはamazon頑張ったなー。

薄さはこんな感じ。

新型oasisは斜めに傾いておりますが、持つところに引っかかりがあって大変持ちやすい。

動作はサクサク!読んでいてストレスはほぼなし

Paper whiteマンガモデルと動作速度を比較すると、やっぱり違いますねー。

比較動画を撮ったので御覧ください(*漫画には著作権の関係でモザイクかけてます)

新型のkindle oasisはページ送りに関してはほぼ待ち時間ゼロ!画面の暗転も一瞬になりました。

Paper whiteマンガモデルも決して遅くはないのですが、kindle oasisと比べるとやはり差があります。

動画だとそこまで差を感じないかもしれませんが、試してみると全然体感速度が違います。

マンガなんて特に頻繁にページをめくりますから、この少しの差がでかい。一度使ってしまうともうpaper whiteマンガモデルには戻れないと思います。

物理ボタンが思った以上に便利

上でも紹介しましたがkindle oasisにはボタン送りに物理ボタンを搭載しています。

これが思った以上に便利。旧型のoasisと比べてボタンが大きくなって押しやすくなっているそうな。

こちらも動画を撮ったので御覧ください。新型kindleはページめくりの速度も向上しているので、ストレスがほとんどない。

また、物理ボタンがないとどうしてもページ送りやページ戻しのさいに「指の動き」が大きくなってしまいます。

物理ボタンがあることでほとんど指を動かさなくても「ページ送り」「ページ戻し」ができます。

こんな風にもって、親指の先で「ページ送り」、親指の腹で「ページ戻し」みたいな押し方だと指を全く動かさなくていいのですこぶる楽!

しつこいですが、超快適です。

防水はやっぱりいい!長風呂必須。

今回の目玉はなんといっても防水機能でしょう。やはり本はお風呂で読んでこそ捗るというもの。

新型のkindle oasisはPX8等級の防水性能を備えております。これは、深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がないレベルとのこと。

防水とは言えあまり乱暴な使い方はオススメできませんが、前の機種より気軽にお風呂に持ち運べるようになりました。

ただ言うまでもないことですが、防水機能をあまり過信するのは禁物。熱いお風呂にわざと沈めたりするのは、結露などの影響もあると思うのでやめましょう(笑)

そうそう。普通のスマホやタブレットだと液晶画面に水滴がつくとタッチパネルが操作しにくくなりますが、物理ボタンのお陰で多少の水滴なんのその。めちゃくちゃ快適にお風呂で読書が可能となっています。

いやー。正直お風呂で読書ができるだけでもkindle oasisを買ってよかったと思っております。

お風呂での読書は至高の極みですからね。

paper whiteマンガモデルを持ってる人は買い換える価値はある?

快適性や読みやすさなどほぼ全ての面でkindle oasisはpaper whiteマンガモデルの上をいっています。

ただ買い換える価値があるかどうかは難しい所ですね。何しろ新型oasisは価格が高い!最上級モデルだと4万以上しますからね。

正直現状paper whiteで特に不満はない方は無理に買い換える必要はないと思います。わざわざ買い換えるくらいならその価格差で本を買ったほうが幸せになれるかも。

ただ、【電子書籍を快適に読むことに命を書けている方】は間違いなく買うべき。きっと幸せになれます(笑)

私も購入して全く後悔しておりませんよ。

まとめ

最近は本といえば「電子書籍」しか買わなくなりました。

持っていた本の8割はbook scanで電子書籍化してしまいましたし、家にある紙の本と言えば技術書やウクレレの楽譜くらいなものです。

それもこれも全ては「kindle」のせいであります。

読みたいときにすぐ読めて、膨大な本を持ち歩けて、スペースも不要。紙の手触りや質感も好きなのですが、それ以上に「電子書籍」にはメリットが多すぎてもう紙の本には戻れません。

新しいkindle oasisは値段こそ高いものの従来の機種とは快適性が段違いに優れているので、本が大好きな人には超オススメです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m

この記事もよく読まれています