三島スカイウォークに行ってきた!通行料1000円の価値はあるのか?

三島スカイウォーク 揺れる

三島スカイウォークに行ってきたのでレポートします。

三島スカイウォークは2015年2月14日にオープンした日本最長のつり橋です。
晴れの日はつり橋から富士山を眺めることができます。

公式サイト

スポンサーリンク

超大雑把な感想

通行料1000円は多少割高に感じたけれど、つり橋からの景色は最高!

しかも結構揺れるのでスリルもあります。

混雑状況

私は2月11日の建国記念日に行きましたが、駐車場で待たされることもなくスムーズに停めることができました。
三島スカイウォーク 駐車場!!

オープン直後はかなり混雑したみたいですが、オープンから二ヶ月経ったことでだいぶ落ち着いてきているのだと思います。まあ私が到着したのは午後3時くらいだったので時間も関係しているのかもしれませんが。

駐車場は広くて余裕があります。400台ほど駐車できるみたいです。
三島スカイウォーク 駐車場

チケット売り場

ここがチケット売り場です。少しだけ並んでいましたが、待ち時間は5分程度でしょうか。
三島スカイウォーク チケット売り場

通行料は
大人1,000円
中高生5,00円
小学生2,00円
です。

つり橋に到着

チケットを購入したので、つり橋に向かいます。道中は特になにもありません。
三島スカイウォーク つり橋に至る道

つり橋に到着しました。
三島スカイウォーク つり橋

撮影スポットもありますよ。
三島スカイウォーク 定番の撮影スポット

横からみると結構長い。ワクワクです。
三島スカイウォーク 横からの写真

この日は幸いなことに快晴!
三島スカイウォーク 快晴!

では早速わたってみましょうー。
三島スカイウォーク 吊橋の入り口

レッツラゴー!
三島スカイウォーク 渡っている最中の写真

スカイうウォークの足場はこんな感じです。少しだけ透けて見える。
三島スカイウォーク 足場 透けている

富士山が見えます。最高の景色だ。
三島スカイウォークからの眺め 富士山

反対側の景色はこんな感じ。こっちはちょっとがっかり景色。
三島スカイウォーク 海と反対側の景色

吊橋を支えるボルト。かなりごつい。
三島スカイウォーク ごつい

下を覗いてみた。
三島スカイウォーク 下を覗いてみる

橋の真ん中付近はそれなりに揺れます。高所恐怖症の人は結構怖いかも。
三島スカイウォーク 揺れる

どのくらい「揺れる」のか動画を撮ってみました。結構揺れてるでしょ。

反対側の入口に到着!
三島スカイウォーク 反対側の入口

それなりに写真を撮りながらゆっくり歩いて10分かからないくらいで渡れます。

渡った先にはちょっとした散歩コースがあるよ

吊橋を渡った先はちょっとした展望デッキや散歩コースがあります。
三島スカイウォーク 散歩

展望デッキから吊橋をパシャリ。
三島スカイウォーク 展望デッキ

吊橋を支えるとこ!
s-16022148

正直、吊橋を渡った先には対して見どころはありません。屋台も何もなし。何か売店があったら嬉しいかも。

スカイガーデン

吊橋を引き返し、スカイガーデンという施設に向かいます。

道中カフェとソフトクリーム売り場を発見。
三島スカイウォーク ソフトクリーム

スカイガーデンの看板。
スカイガーデン看板

スカイガーデンはエスカレータで行きます。楽ちん
s-16022152

スカイガーデンの入り口に到着。
s-16022152_01

中に入ると花々が出迎えてくれます。
s-16022153

天井を埋め尽くす花のシャンデリア。
三島スカイウォーク スカイガーデン 花のシャンデリア2

スカイガーデンではドリンクや軽食、お土産などが売っています。
三島スカイウォーク 花のシャンデリア1

美味しそうな「イチゴ大福」が売っていたので購入。美味しそう!
三島スカイウォーク いちご大福2

これは美味しかった。オススメ
三島スカイウォーク いちご大福3

まとめ

まだ出来たばかりのスポットなので、施設は全体的にとても綺麗。晴れの日は吊橋から富士山も見えるし、景色は最高ですね。

ただ渡るだけで1,000円はやっぱり高いかなとも感じました。渡った先には特に何もないしね。

結論としては、晴れの日だったらオススメできるが、富士山が見えない曇りの日に行く価値はあまりないかなぁと言うのが正直な感想です。まだオープンしたばかりなので、これからの発展に期待かな。

というわけで、

行くなら晴れの日が絶対的にオススメです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m

この記事もよく読まれています