「子供が勝手に窓を開けて危ない!」を防止する超オススメグッズ『ワンタッチ・シマリ』

ワンタッチシマリ!

我が家の長男は現在1歳7ヶ月。日々活発に家中を走りまわっております。ほんと毎日が賑やか!

ただひとつ問題が。

息子がベランダの窓の鍵を開ける方法を覚えてしまったんです。気つくと窓の鍵が開いていたりします(汗)

最近だと窓の鍵(クレセント)自体にロック機構がついていたりしますが、我が家は古い賃貸マンションのため、そういったロックもついておりません。

まあ我が家は1階ですし、塀も高いので転落することはないのですが、それでも一人でベランダに出るのは危ないですよね。

何より勝手に鍵が空いていると防犯上という観点からもよろしくない。マンションの1階は空き巣リスクも高いですから。

そんな事情から「子供の勝手な解錠を防ぐ何かいいグッズないかなぁ」と探していた所、めっちゃピッタリのグッズを見つけました!

それがこちら。窓枠に取り付けるだけでワンタッチでロックができるサッシ用の補助錠「ワンタッチ・シマリ」です。
ワンタッチシマリ!

このグッズがまあ優れもの。小さいお子様をお持ちのご家庭には必須のグッズだと思います。

簡単にですが使い方などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

窓の防犯グッズ「ワンタッチ・シマリ」

amzonで購入しました。価格は500円前後と中々に手頃です。

このグッズは窓枠に貼るだけで、窓の開閉をロックできるという優れた防犯グッズ。

あくまでも防犯グッズなのですが、付随的に子供が勝手に窓を開けるのを防いでくれるんです。

作りはいたってシンプル。
ワンタッチ・シマリ

左側の赤い部分を押すと、右側が跳ね上がります。跳ね上がることにより窓の閉会をロックする仕組みですね。
ワンタッチシマリ 施錠

跳ね上がった部分を押すともとに戻ります。
ワンタッチ・シマリ 解錠

設置も簡単。裏面は両面テープが張ってあり、窓枠の上部か下部に貼るだけ。
ワンタッチ・シマリ 裏面

今回は子供が勝手に明けないようにという目的があるので、窓枠の上部につけました。子供には絶対に届かない位置ですね。
ワンタッチ・シマリ 取り付け

説明書には上下につけると安心と書いてありますが、子供の解錠防止目的だったら一つで十分でしょう。

というわけで設置完了!

施錠・解錠が超楽!

似たような防犯グッズはたくさんありますが、今回買った「ワンタッチ・シマリ」は私が今まで買った窓用防犯グッズの中で最も手軽で簡単。

とにかくロックが楽です。何と言っても押すだけですからね。

ワンタッチが開いた状態。窓に引っかかるので開くのを防止してくれます。

閉じるとこんな感じ。ワンタッチ・シマリはとっても薄いので、閉じた状態でそのまま窓を開くことができます。

まあ楽ちん。

我が家では以前はレバー式の窓用ロックを使っていました。

画像はamazonより引用

こちらはわざわざレバーを回す必要があるので、ちょっと面倒だったんですよね。

それに比べて今回紹介したワンタッチ・シマリは商品はポンと押すだけ。神レベルの楽さ!

過度の期待は禁物だけど、すっごく便利!

単純な構造ですが子供には絶対に届かない位置につけたので、子供が自力で解錠することは不可能です。

やっぱりこれがあると安心感が違います^^

ただ言うまでもないことですが、過度の期待は絶対禁物。子供の行動って予想がつきませんから。大人が予想外の方法で窓を開けたりしますからね。

基本は子供から目を離さないことが一番なのは言うまでもありません。まあそれができたら苦労はないんですけども。

まとめ

ものすごく気に入ったので、私は子供が使う部屋全てにこの補助錠を設置することにしました。1つ500円なのでそこまで負担はないですしね。

子供が1歳7ヶ月にもなり、まだ意味のある言葉はそんなにしゃべれませんが、言葉はだいぶ理解している気がします。

最近は「できた!」という言葉を覚え、なんでもないときに「できた!」と言っていたりして微笑ましいです。

子育ては大変さもありますが、喜びも大きいですね。

小さい頃の子供を守るのは親の義務。

こういうった防犯グッズを利用して、子供の安全を守りましょー。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでちゃまぽこをフォローしよう!

最後までお読みいただきありがとうござましたm(_ _)m

この記事もよく読まれています