\ 最大8%ポイントアップ! /

SwitchBot ロック Proの充電式バッテリーを買ってみた!充電方法や取り付け方法をチェック!

  • URLをコピーしました!

我が家でとても便利に使っているSwitchBotロックPro専用の充電式バッテリーがついに発売されました!

早速入手(自腹)したので、使い勝手などをレビューしたいと思います。

タップできる目次

SwitchBotロックPro 充電式バッテリーの詳細

名称SwitchBotスマートロックPro
充電式バッテリー
価格2,980円
寸法59×23×34mm
重量(1個)55g
バッテリー種類リチウムイオン
充電方式Type-C
バッテリー容量2000mAh
駆動時間バッテリー1本当たり約6カ月
(2本で約365日)
バッテリー充電時間不明
(記載なし)

特徴1.365日のバッテリー寿命

バッテリー寿命は2本合わせて365日。
(片側1本当たり約6ヶ月)

単三電池より長持ちするので、電池交換の頻度が確実に下がります

特徴2.片側だけでも使える

本バッテリーは片側だけでも利用可能です。つまり電池切れを起こした方だけ取り出して充電可能。

特徴3.繰り返し使える

あたり前ですが、リチウムイオンなので充電することで繰り返し利用可能です。

充電はType-Cケーブルを電池に差すだけでOK!

SwitchBotロックPro 外観や付属品をチェック!

外箱!

付属品です。

付属品
  • バッテリー本体
  • USBケーブル
  • 説明書

こちらがバッテリー本体。AとBの2つが付属しています。

側面にはUSB-Cポートがついています。

差し込むだけで充電可能です。充電中は表示ランプが点灯して教えてくれます。

●赤に点灯……充電中
●緑に点灯……充電完了
が交互に点灯……充電に異常あり

ちゃまお

充電時間は公式サイトや説明書に記載なく不明です(汗)

SwitchBotロックPro 充電式バッテリを本体に差し込んでみる

とりあえず使ってみることにしましょう。

最初に、単三電池を入れるこのオレンジ色の電池ボックスは使わないので外します。

その後、充電式バッテリーを本体に差し込むだけで取り付けはOK!

アプリでの設定なども不要で、差し込むだけで使えます。

アプリで見てみると残量がAとBの2つに分かれています。

ボタンを押すとしっかりとロックしてくれました。よきかな。

SwitchBotロックPro 充電式バッテリーのデメリットは?

機能面でのデメリットは特にありませんが、強いて言うなら価格ですかねー。

約3,000円なので、繰り返し使えるとはいえそれなりに長く使わないと元を取るのは難しいかも。

ただ、電池交換の頻度は間違いなく下がりますし、繰り返し使えるので電池のゴミも増えないというのは良い点ですね。

SwitchBot公式のセールをチェックしよう

SwitchBotはよく公式サイトやAmazonでセールを行っています。

ちゃまお

公式サイトでは毎月一回は大きめのセールが行われています

これらのセールを利用することでSwitchBot製品が安く購入可能です。

今回の充電式バッテリーバッテリーもセール時のキャンペーン&クーポンを使うことで2,000円程度で購入することができました。

SwitchBotのセール情報は下記にまとめているので、よければご覧くださいませ。

SwitchBotロックPro 充電式バッテリーまとめ

というわけでSwitchBotロックPro充電式バッテリーの紹介でした。

バッテリー寿命も365日と長いし、電池のゴミも増えないですし、導入は基本的にメリットしかないと思います。いざってときに単3電池がなくて交換出来ない……みたいな事態も防げますし。

少しでも電池の交換頻度を減らしたい方や、うっかり単三電池を切らしてしまう方は購入しても損はないかなと思います。

ちゃまお

バッテリー寿命に関しては、まだ購入して1年経ってないので、本当に365日持つのかは検証できておりません。

もし想定よりバッテリーが早く切れるようなことがあったらまたここに追記したいと思います!

こちらの記事もよければ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次