『ちゃまお』が日常生活を便利で楽しくする情報を配信!

ディズニーランドに3歳&1歳6か月と行ってきた!どれくらい大変?楽しめた?

皆様こんにちは!ちゃまおです。

2019年1月に3歳1歳6ヶ月息子2人を連れてディズニーランドに行ってきました!

息子たちにとっては初ディズニー。
私達親にとっては子連れでの初ディズニー。

行く前は多少の不安もありましたが、すっごく楽しかった!ただめちゃくちゃ疲れた(笑)

これから同じような年齢の子供を連れて行く方の参考になるように、ディズニーレポートを書いてみたいと思います。

私達が行った日の情報

  • 私達がディズニーに行った日:2019年1月30日(水曜日)
  • 滞在時間:9時~19時40分。
  • ディズニーの混雑状況:普通

今回行ったのは平日ということもあって比較的空いていたほうだと思います。

絶叫系のアトラクションはそれなりに並んでいましたが、子供達が乗れるようなアトラクションは比較的空いていて、5分から15分程度の待ち時間がほとんど。最長がダンボの25分でした。

これくらいの待ち時間なら子供達もグズらずいい子で待つことができました。

園内を出たのが19時40分頃。ちょうど夜のパレードが始まる時間でした。

本当はパレードを見てから帰りたかったのですが、長男に疲れの色が見えたのと、次の日は保育園ということもあり苦渋の選択。ただパレード中に帰ったこともあり、渋滞に巻き込まれることもなく大変スムーズに退園できました。

結果的に正解だったかなと。

どれくらい大変だった?楽しめた?

正直かなり疲れたのは事実ですが、めっちゃ楽しかったです。

疲れた点の大部分は子供達の抱っこですね。

並んでいるときはベビーカーが使えないので基本子供達をずーっと抱っこしていました。これが一番疲れた。

長男はかなりの甘えん坊なので並んでるときは抱っこをせがんできます。次男は歩かせるとフラフラとどこかに行ってしまうのでこちらも抱っこ。

帰る頃には抱っこのしすぎで腕がパンパンでした。次の日は夫婦共々腕が筋肉痛になりましたよ。

後半になると子供より大人たちのほうが疲れが出てきて、お土産もほとんど見ずに帰りましたね。そんな時間があるなら早く帰って休もうみたいな。

もしお土産を購入予定の方は体力があるうちに見ておくことをオススメ致します。やっぱり子供がいると体力の消費は通常の倍以上ですからね。

あと、この日は1月の寒い季節とはいえ、風がほとんどなかったので気候的に快適だったのは大きかった。

これが真夏の暑い時期の土日だったらおそらく夜まで体力が持たなかったと思います。

子連れでディズニー行くなら夏よりは冬が絶対オススメです!

まとめると、体力的には結構大変でしたが、アトラクションもたくさん乗れたし、本当に楽しい一日となりました。子連れのディズニーおすすめですよ♪

子供達はディズニーを楽しめた?

今回ディズニーに行った時期の子供達のデータです。

  • 長男(3歳、身長約95cm)
  • 次男(1歳6ヶ月、身長約80cm)

まずはこの二人がディズニーをどれだけ楽しめたかを書いてみたいと思います。

3歳はディズニーデビューにピッタリの年かも

長男が乗ったアトラクションの数:20

長男(3歳。身長は95cmくらい)はディズニーをめちゃくちゃ楽しんでいましたよ。

長男はかなりの怖がりなので、身長制限を満たしていたとしても、絶叫系やお化け屋敷系のアトラクションは一切利用しませんでした。それでも充分ディズニーを満喫できました。

特に長男は電車や船といった乗り物が大好きなので、ウエスタンリバー鉄道やイッツ・ア・スモールワールドでは大興奮!どちらも2回乗りましたからね。

ただ一部怖がったアトラクションもありました。乗り物によっては急に暗くなったりするので、そういった箇所はやはり少し怖かったみたいです。

1歳児でもディズニーは楽しめる!

次男が乗ったアトラクションの数:15

続いて次男(1歳6ヶ月、身長約80cm)。

正直次男はまだ言葉も満足にしゃべれないので、ディズニーにいる事自体よく分かっていなかったと思います。

ただそれでも最初から最後まで怖がることなく機嫌良く過ごしていました。

肝心のアトラクションも長男と一緒にほとんど乗ることができました。というのもディズニーは身長制限があるアトラクションがそこまで多くないので、1歳児でも全然楽しめるんですよね。

ディズニー公式ベビーと楽しめるアトラクション一覧

ディズニー自体オムツ替えスペースも豊富ですし、休憩所もたくさんあるし、子連れには大変優しい施設です。

1歳児だとディズニーに行ったという記憶は残らないと思いますが、息子とたくさんのアトラクションに乗れて親のほうが満足しました(笑)

ベビーカーは必須

当たり前ですがベビーカーは必須ですね。子連れだとどうしたって荷物が多くなりますからね。

ディズニーではベビーカーを1,000円でレンタルできるので、家から持っていくのが大変な方は利用するといいと思います。

ディズニーは各アトラクションの近くに必ずベビーカー置き場がありますよ。

コース

今回私達が回ったコースの紹介です。

正直下調べはほとんどせず行き当たりばったりでしたが、思った以上にスムーズに楽しむことができました。

*時間はアトラクションに並び始めた時間を書いています。

時間 概要 待ち時間 長男のお気に入り度
9:20 ディズニーランドに入園
9:35 ファストパス1本目
バズ・ライトイヤー取得
9:45 イッツ・ア・スモールワールド 15分 ★★★
10:15 ピノキオ 10分 ★★
10:30 ミッキーのフィルハーマジック 5分 ★★
10:45 ファストパス2本目
プーさんのハニーハント取得
11:5 バズライトイヤー ファストパス ★★
11:20 昼食
12:00 ウエスタンリバー鉄道 15分 ★★★
12:30 ジャングルクルーズ 5分 ★★★
13:00 ファストパス3本目
モンスターズ・インク取得
13:15 ドナルドのボート 0分 ★★
13:50 グーフィーのペイント&ツリーハウス 15分
14:10 カフェで休憩
14:30 空飛ぶダンボ 25分 ★★★
15:00 パレード見る ★★★
15:30 キャッスルカルーセル(2回乗る) 5分 ★★★
15:45 アリスのティーパーティー(2回乗る) 5分 ★★★
16:10 イッツ・ア・スモールワールド 10分 ★★★
16:30 プーさんのハニーハント ファストパス
17:00 蒸気船マークトウェイン号 5分 ★★
17:30 カントリーベア・シアター 10分
17:50 シンデレラ城のショー(プロジェクションマッピングのやつ)を少しだけ見る
18:5 夕食
18:45 モンスターズ・インク ファストパス
19:5 ウエスタンリバー鉄道(本日2回目) 10分 ★★★
19:30 カリブの海賊 5分 次男のみ
19:40 息子が疲れていたため帰宅

長男(三歳)が楽しんだアトラクションベスト5

三歳の長男の反応が良かったアトラクションベスト5を紹介します。

1位:ウエスタンリバー鉄道


圧倒的一位がウエスタンリバー鉄道です。長男は電車が大好きなのでウエスタンリバー鉄道には大興奮でした。

家でトーマスばっかり見てますからね。トーマスと同じような形の蒸気機関車に乗れる「ウエスタンリバー鉄道」は本当に楽しかったみたいで真剣な眼差しで乗っておりました。

ただ途中恐竜が出てくる暗めなエリアがあるのですが、そこだけは少しだけ怖がってました。でも降りてしばらくしたら「また電車乗りたい」と催促してきたので、なんだかんだ気に入ったみたいです。

ウエスタンリバー鉄道は電車好きには必見のアトラクションですね。

2位:イッツ・ア・スモールワールド


2018年4月にリニューアルしたスモールワールド。

これはすっごく良かった!室内をゆっくり進むし結構長めなので、親も座って休めるし、子連れには最高のアトラクションですね。

色々なディズニーキャラクターを探すだけでも楽しいですし、ディズニーに詳しくない長男でもいろいろな動物を探したり自分なりに楽しんでいましたよ。

3位:ジャングルクルーズ

意外にも楽しんでいたのがジャングルクルーズです。ゾウが大量に出てくるエリアがあるのですが、動物大好き長男は「あっゾウさん!」とかなりテンション高かったです。

途中若干暗いエリアがあったり、大きい蛇がいたりするので、そこは怖いみたいでしたが、全体的にはとても楽しんでいましたよ。

4位:アリスのティーパーティー


どこの遊園地にもあるいわゆるコーヒーカップ型のアトラクションですね。ぐるぐる回るので私は苦手ですが、長男はアリスのティーパーティーに乗っている間なぜか大爆笑でした。

2回連続で乗りましたが、私は気持ち悪くなりぐったり(笑)長男は余裕綽々でした。

5位:空飛ぶダンボ

今回待ち時間が最長だったのがこの「空飛ぶダンボ」。アトラクションの回転率が悪いのが原因ですね(まあ待ったと言っても25分程度ですが)

ダンボに乗って空を飛ぶアトラクションですが、運転席にボタンがあって自分で高度を変えられるのが特徴です。

まあこちらも普通の遊園地でもよくあるアトラクションなのですが、長男はとても楽しそうでしたよ。

次男はほぼ無表情でしたが(笑)

長男(3歳)が怖がったアトラクションベスト3

今度は反対に長男が怖がったアトラクションベスト3を見ていきましょう。

ちなみに次男に関してはまだ「怖い」という感情がそこまでないのか、そこそこホラー要素が強いカリブの海賊すら余裕綽々でした(カリブは長男はのらなかった)。

なので今回も長男が怖がったアトラクションだけをピックアップして紹介しましょう。

1位:カントリーベア・シアター

まさかのカントリーベア・シアターが長男が怖がったアトラクションの第一位です。

18頭のクマの人形が舞台で歌をうたう劇場型のアトラクションで怖い要素皆無なのですが、怖がって全然舞台を見てくれませんでした。

クマの人形がリアルにしゃべるのが怖かったのでしょうか?ずっと私に抱きついて目をつむっておりました(その頃次男は睡眠中)。

長男は動物大好きなのでこれは楽しんでくれると思ったのですが失敗でした。うーむ。難しい。

2位:モンスターズ・インク

モンスターズインクは懐中電灯で隠れているモンスターを探しながら進んでいくライド型のアトラクションです。

やはりモンスターズという名がつくだけあって、不気味な化物がたくさん出てきます。最初は我慢していた長男ですが、途中大きいモンスターが出てくるところでは思わず泣いてしまいました。

ちょっとまだ早かったかなぁといった感じ。

3位:プーさんのハニーハント

これまた絶対大丈夫だと思っていたプーさんのハニーハントも長男は怖かったみたいです。

プーさんの世界観なので怖いところはあまりないのですが、若干暗い道を通ったり、乗り物自体もぐるぐる回転したりするので、刺激が強すぎたのかもしれません。

乗り終わった後は「もう乗らない」とかなり凹んでおりました。

プーさんを怖がるとは完全に予想外です(汗)


こんな感じかなぁ。まあ上記以外にもいくつか怖がったアトラクションもありましたが、全体的に子供達は終始笑顔で楽しそうでしたよ。次は次男が3歳になる頃に行きたいですね^^

まとめ

今回は殆どノープランで行きましたが、行き当たりばったりでも全然楽しめましたねー。

ディズニーランド自体5年ぶりくらいなので、地理的に全然把握していなく、園内を行ったり来たり無駄な動きが多かったので、そこは若干反省点ですが、アトラクションもたくさん乗れたし大満足の一日でした。

子供達も楽しんでくれたのがなにより良かった。

ディズニーランド自体休憩スペースがたくさんありますし、オムツ替えスペースもしっかり完備されている子連れには大変優しい施設です。

「ディズニー行きたいけど子供がまだ小さいしなぁ」なんて迷っている方は安心して行ってきてください。絶対楽しめますよ。

ということでディズニーランド子連れレポートでした。