室内ドアの鍵を後付する一番簡単な方法を紹介します。プライバシー確保や赤ちゃん・ペットの安全対策にオススメ!

こんにちは。ちゃまおです。

以前このような記事を投稿しました。

「室内ドアの鍵を後からつけられるグッズを紹介した記事」なのですが、このとき紹介した物より良さげな商品を発見したので紹介したいと思います。

より簡単に!より手軽に!後から室内ドアに鍵をつけることが可能です。

  • 室内のプライバシーを守りたい
  • 赤ちゃんの危険防止
  • ペットが勝手にドアを開けるのを阻止したい

なんて用途にピッタリな商品です。

この記事の目次

後から室内に簡単にロックをかけられるグッズ!

それがこちらです。正式名称は分かりませんが、ドアレバーロック(ドアノブロック)とでも呼びましょうかね。

私はAmazonで購入。1,000円前後で買えます。

これはドアレバーを挟むように取り付けることで、ドアノブをロックできるグッズです。

仕組みは簡単ですがこれが赤ちゃんの危険防止やプライバシー確保に効果絶大なんです。

ぶっちゃけ商品としてはプラスチック製でしょぼいです。なんとなく質感やデザインが100円ショップのグッズっぽい。

ただお手軽に室内に鍵をつけられるグッズとしては本当に最高です。

取り付けてみる

では実際に取り付けてみましょう。私が購入したドアレバーロックは2個セットでした。

取り付け方法は両面テープでドアに貼り付けるだけです。

貼付け面を清掃したらペタっとな。念の為60秒くらい体重をかけて圧着させたら取り付け完了!。

テープが完全に定着するまで時間が必要です。取り付け後は24時間ほど放置してから使用しましょう。

使い方を解説!

使い方は超簡単です。

ドアレバーロックの上下についているボタンを押しながら、

レバーを起こすだけ。

するとドアノブがレバーに引っかかってそれ以上動かなくなります。

ちゃまお

つまりドアが開かなくなります!

ロックするのは1~2秒で終わるので楽ちん。

耐久性はどう?

プラスチックでできている商品なので耐久性は正直高くないと思います。

大人が本気でドアノブを下げたら、「バキッ」て折れそうな感じはします。

ただ子供の力ではまず壊すのは無理でしょう。3Mの両面テープもかなり強力で、私自身実験のためにかなり力を込めて開けようとしたのですが、ビクともしませんでした。

また商品のレバーを動かす際には、上下についているボタンを押しながらでないと動かせないので、ペットや赤ちゃんが一人で開けるのは無理かと思います。

3歳くらいになったら一人でも開けられるようになるかなぁ。

何にせよ大人でもかなり力を込めないと壊すことは無理だと思うので、プライバシーや子供の安全なら簡単に守れると思いますよ。

注意点

注意点1 ロックレバーを上げた状態でドアを閉めない

下の写真のようにロックレバーが機能している状態でドアを外から閉めてしまうと、ドアが開かなくなってしまいます。

構造的にロックレバーを上げた状態でドアを閉めることはまずないとは思いますが、万が一ってこともあるので注意してくださいね(子供がいたずらしたり)

もしこの状態で鍵がかかって閉め出されてしまったら、無理やり力づくで開ける以外方法はありませんので。

注意点2 ドアノブの形状に注意

当たり前ですがこういった丸型のノブには適用しません。

上下に動くドアレバー限定で使えるグッズとなっております。

注意点3 両面テープが強力なので貼り付け場所には注意を!

両面テープがかなり強力なので剥がすのは中々大変そうです。

例えばペンキが塗ってるドアに貼ろうとすると、剥がすときにペンキも一緒に剥げてくる可能性が高いです。賃貸の方は特に注意するようにしてくださいね。

もし両面テープの貼付が難しい場所でしたら下記の商品がオススメです。

こちらはドアのラッチ受け部分に差し込むだけなので傷が付きません。賃貸でも丸型のノブでも間違いなくOK!

かんたん在宅ロックとどっちがオススメ?

現在室内ドアに簡単に内鍵を付ける方法として、2つの有力商品があります。

一つは今回紹介したドアレバーロック。

もう一つは前に紹介した「かんたん在宅ロック」という商品。

この2つの商品のどちらがオススメかという点について書いていきたいと思います。

ドアレバーロックがオススメの方

鍵を簡単に施錠したい方は今回紹介したドアレバーロックがオススメです。

なんといってもレバーを起こすだけなのでカギをかけるのが楽!1秒あれば施錠ができるのはやっぱり便利ですよ。

欠点はドアに貼り付ける必要があるので、剥がす時に大変なのと、見た目がちょっとモサっとする点ですかね。

あと素材がプラスチックなので耐久性はそこまで高くないと思います。

子供の力では無理ですが、大人ならかなり本気で力を入れれば、バキッと壊すことは可能でしょう。

それでもちょっとしたプライバシーは守れますし、ペットや赤ちゃんの危険防止には最適な商品だと思います。

かんたん在宅ロックがオススメの方

ドアに傷をつけたくない方はこちらのかんたん在宅ロックがオススメですね。

こちらはラッチ部分に金具を引っ掛けるだけなので、賃貸でも間違いなくOK!

欠点は毎回設置する必要がある点と、外したときの部品の置き場所が必要な点ですね。

結構小さい物なので、そこそこ失くしやすいです。

耐久性は間違いなくこちらの商品のほうが上かなと思います。なんといってもこちらは金属製なので、力づくで開けるのは中々大変。

ただ「ドアを思い切り蹴られたら、その反動で開いた」みたいなクチコミも見かけたので過信は禁物ですが。

とにかくドアを傷つけたくない方はコチラを購入しましょう。

私的にはドアレバーロックがオススメ!

個人的にはこちらのドアレバーロックのほうが気に入っております。。

わざわざ部品を取り付けなくて良いのはやっぱり楽です。失くす心配もないですし。

両面テープの貼付が問題ない箇所ならこちらの商品を断然オススメします。

特に、鍵をかける頻度が多い方は尚更ですね。

まとめ

室内ドアの鍵を後から簡単につけられるグッズを紹介してみました。

簡単な構造ながら「その手があったか」とうなる商品でした(笑)

最近はテレワークや在宅ワークが増えてきているので、こういった商品はかなり需要があるのかなと思います。

私も基本的に家で仕事することが多いので、この商品には大変助けられています(電話やテレビ会議中に子供が急に入ってくるのを防げるので)。

取り付けも簡単ですし、穴あけなども不要。

気軽に室内ドアに鍵をつけたい方にはかなりオススメできるグッズです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事の目次
閉じる