愛車フリードにスマホホルダーを取り付け。ちょっとした改良で使いやすくなったぞ!

フリードを購入してから1年と数ヶ月が経ちました。

新型フリード

今のところメーカーナビ以外は大変気に入っております。取り回しも楽だしね。

簡単な感想とメーカーナビの不満に関しては下記に書いてます。

ただスマホを置くところいまいち決まらないんですよねー。

新型 フリード インパネ

私は普段スマホをドリンクホルダーに入れて置いてますが、これだとドリンクも入れられないし収まりも悪い。

というわけでスマホホルダーを購入することにしました。

この記事の目次

ドリンクホルダーに差して使うスマホホルダー

今回購入したのがこちら。ドリンクホルダーに差して使うタイプのスマホホルダーです。

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785

くっ。amazonで調べてみたらオートバックスより安いじゃないか(涙)

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785買ってみた

この商品だとドリンクホルダーを活かしたまま、スマホを固定することができるというわけですね。

新型フリード ドリンクホルダー

私はこの部分に取り付けようと思っております。

早速取り付けてみましたが、フリードの運転席右側にあるメインのドリンクホルダーは若干角ばっているため、こちらの商品の規格とあいませんでした。

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785を差し込んでみた

パッケージにも注意書きがあったのですが案の定差し込んでもグラグラします。正直これだと使いものになりません。

うーむ。

ドリンクホルダーを改良してみた

そこで少々改良を施すことにしました。

といっても処置は簡単。こういった緩衝材をグルグルにして巻きつけるだけです(笑)1分で完了の簡単な処置。

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785を改造してみた


これだとかなりいい感じに収まりました。全くぐらつかない。ただ白い部分が見えてしまって見栄えが悪い。最初から黒い緩衝材を使えばよかった(涙)

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785 改造2


というわけで、はみ出す部分のみカッターでカットすることにしました。厚みも足しております。

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785 さらに改造!


差し込んでみるとかなりいい感じ。かなりキッチキチのぴったりに作ったのでぐらつくこともありません。

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785 改造した後差し込んでみた


スマホとドリンクを入れてみる

では早速スマホとドリンクを入れて使ってみましょう。

槌屋ヤック 手帳型ケース対応 スマホホルダー ドリンクイン PZ‐785 スマホとドリンクを差し込んでみた

おー。中々見やすい。(言うまでもないことですが運転中の注視や操作は違法ですのでやめましょう)

スマホホルダー部は可動するので自分の見やすい位置にセットもできます。かなり気に入りました。ちなみに私が使っているスマホはgalaxyのnote8です。

ただドリンクホルダー部に若干の問題が。

500mlペットボトルをドリンクホルダーに入れたが全部はいらない

この商品ドリンクホルダーの穴の経が底に行くほど小さくなっているため、500mlのペットボトルが4分の1分くらいしか入りません。おーまいがー。

ペットボトル

これだとドリンクホルダー本体はグラつかなくても、ペットボトルがぐらついてしまいます(笑)欠陥商品か?(汗)

まあグラつくといってもドリンクホルダーから落下するわけでもなし、ある程度許容範囲ですけどね。まあ350mlのペットボトルなら何の問題もないかな。

フリード右側下にあるドリンクホルダー

それにフリードにはドリンクホルダーが右側にもありますし、左側にも収納式のドリンクホルダーがあるのでよしとしましょう。

フリード 中央にある収納式ドリンクホルダー

気になるならもう少しドリンクホルダー部に高さがでるようにまた改造することにします。

まとめ

というわけで我が家のフリードが若干パワーアップしました。

改良の必要はありましたが、商品自体は結構気に入っていますよ。ホルダー部分も好みの位置に可動しますしね。

プラスチックなので作りは全体的に安っぽいですが、ドリンクホルダー部分も無駄にならず、さらにスマホも固定できるということで中々考えられた商品だと思いました。

フリードのスマホ置き場にお困りの方は購入を考えてみてもいいかもしれません。ただしちょっとした改良は必要ですが(笑)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事の目次
閉じる