『ちゃまお』が日常生活を便利で楽しくする情報を配信!

高級オフィスチェアを試座しまくった結果わかったこと

こちらの記事にも書きましたように、自宅でのパソコン作業用にオフィスチェアを探していました。

いくつものホームセンターで座り比べ、いくつもの家具屋さんで座り比べ、最終的にはオカムラのショールームまで行って座り比べ、それでも中々答えが出ず、どのオフィスチェアを購入するべきかをずーっと迷い続けておりました。

私、自宅にいるとき一日の大半を過ごすのがパソコンの前なんですよね。で今使っている椅子がイケアで買ったダイニングテーブルについてきた普通のダイニングチェア。
JOKKMOKK イケア

正直この椅子はパソコン作業をするためにはできていないのです。一時間も作業してると肩はこるし、腰は痛くなるし、集中力が続かない。このままこの椅子で作業し続けたらいつか必ず体を壊しそうです。

これは一刻も早くオフィスチェアを買わねば!

とは思うものの、冒頭で述べたように中々購入するオフィスチェアが決まらない。

椅子って長く使うものですから、本当に自分に合ったものが欲しいわけです。

最初は安い椅子購入することを考えていた

私最初はニトリ辺りで安いオフィスチェアを購入することを考えていました。ニトリなら一万円あれば何かしらのオフィスチェアが買えるでしょ? 少なくとも今使っているダイニングチェアよりは作業効率があがるはず。ほんの少しリクライニングしてくれたらいいし、ほんの少し昇降機能があれば充分。そんな風に思っておりました。

ただ、私は物を買う時は結構慎重派なんです。どんなものでも購入する時は必ずネットで検索してレビューを読みます。いちおう今どんな椅子が売れているのか、調べてみました。

*私の心の声

ふむふむ。アーロンチェアってのがオススメだって?って10万円もするじゃん?高すぎーーーー!!!

こっちのブログにはオカムラのコンテッサが最高って書いてあるぞ。あれま。こっちも10万以上もするじゃん。値段設定間違ってない?絶対ステマだろ!

う~む。どうやら評判が高い椅子は軒並み値段も高いみたいです。普通に10万円以上はザラ。20万超えのもある。そしてどのサイトも「椅子には値段をかけろ」とか「中古でもいいからちゃんとした高い椅子を買え」とか「安い椅子を買っても安物買いの銭失いになるだけ」とかそんな意見ばかり。

業者やアフィリエイトサイトがこぞって高い椅子を買わせようとしてるだけじゃないか……なんて勘ぐりたくもなります。

学生時代は3千円の椅子に座っていた私としては、

10万はやっぱり高いわ!

調べれば調べるほどドツボにはまる

ただ困ったことにオフィスチェアのことを調べれば調べるほど、椅子にはお金をかけたほうがいいという方向に意識が変わっていきました。ほとんど洗脳に近いかもしれません(笑)

けれど、よく考えれば、一日のうち大半を過ごす「イス」をそんなに適当に選んでいいはずありません。自分に合わないイスに座り続けていると、姿勢も悪くなるし、体も痛くなるし、何より集中力が続きません。

逆になぜ私は数千円の安いオフィスチェアを買おうとしていたのか。それこそお金をドブに捨てているようなもんじゃないのか。

安物買いの銭失いという言葉があるように、私は間違った選択をしようとしていたのかもしれない。

……ってやばい。私完全に洗脳されている。少し前まで数千円の椅子を買おうとしていたのに、今はなぜか10万円近い椅子を買おうとしている。

というかすでに買うき満々な気分になってきた。

もうこうなったら納得行くまで試座しまくって、自分が本当にいいと思った椅子を買おう! 高い椅子がどれほどのものか実際座って確かめてやろうじゃないか!

やっぱり高級オフィスチェアはすわり心地が全然違った!

そりゃね。安くて良い椅子があったら、それが一番に決まっています。けれど悲しいかな。わたくし、オフィスチェアを購入するために、色々な椅子を座り比べたからよくわかります。

ネットで事前に調べていたとおり、オフィスチェアは値段によって座り心地が全然違いました。

ガビーンですよ。ここまで違うのかと。

ホームセンターに行くと、十万円くらいする椅子のとなりに、一万円くらいで購入できる椅子が並べてあります。試しに座ってみてください。こんなに違うのかと驚くと思います。

また、高い椅子は調整できる箇所が多いです。昇降機能はもちろんのこと、肘掛けも動くし、座面のスライド調整、リクライニングの強度、腰当て(ランバーサポート)の位置。自分の体にフィットするように調整ができます。

これがまじで快適。

一度座ってしまったらもう安物の椅子には座れないかもしれない。

ちなみに私がホームセンターや家具屋さんなどで試座した高級オフィスチェアは以下のとおり

  • アーロンチェア
  • ミラチェア
  • エンボディ
  • コンテッサ
  • バロン
  • シルフィ
  • コーラル
  • サブリナ
  • スピーナチェア
  • エルゴヒューマン

値段が安いのも含めると30~40種類くらい座ったかな。座りすぎてもう覚えておりません。やはりメーカーによって特色がずいぶん違います。高い椅子で20万超えのもあります。もうやだ。

私この時点で高級オフィスチェアを買う気満々ですw しばらくはもやし生活じゃーい!

試座しまくって分かったこと

たくさんの椅子を試座してわかったことが一つだけあります。

それは……

試座したくらいじゃほとんど何もわからん!

ということです(笑)

そりゃ、数千円の椅子とのすわり心地の差は歴然ですが、高級オフィスチェア同士の比較は困難を極めます。だってどの椅子も座り心地がめっちゃいいんですもん! こりゃ迷うわ。

それに椅子って長時間座るものですよね。短時間試座しただけではそれがほんとうに自分にとって最適な椅子なのかわからないんです。ぱっと座った印象がよくても、長時間座るとよくなかった、みたいなこともありますからね。

さらに困ったのは、試座しまくってると「先日はこっちの椅子がすごくよく感じたのに、今日はあっちの椅子のほうがよく感じる……」みたいなことが頻繁にあります。日によって椅子に対する感覚が全然違うんですよね。

もう正直わけがわからん(笑)

試座のコツ

とはいっても、試座したときにいくつか自分なりのコツみたいなものを掴みました。

試座する時は「普段自分がどういった姿勢で作業をしているか」を意識する。

試座する時は自分が前傾、後傾、どちらの作業が適しているかを意識しながら座ったほうがいいと思います。

漫画家さんのような前傾姿勢が主な人と、プログラマーのような後傾姿勢が主な人では選ぶべき椅子も変わってきます。

例えば、前傾姿勢ができるアーロンチェアは漫画家さんに人気がありますし、後傾姿勢が得意なバロンはゆったりパソコン作業をする人に人気があります。もし漫画家さんがその場のフィーリングで前傾姿勢が苦手なバロンを購入すると後悔することになるかもしれません。

自分が求めている姿勢が「前傾姿勢」なのか「後傾姿勢」なのかを試座するときに意識しましょう。

椅子の調整は必ずする。

ちょっと座って合わないからって、あなたに合わない椅子だと思うのは早計です。

リクライングの角度、座面のスライド調整、椅子の高さ。高級オフィスチェアは大体細かく調整できます。少し変えるだけでもずいぶん印象が変わります。

デスクの前ですわる。

デスクが近くにあったら、デスクの前に椅子を持っていって座ってみましょう。
デスクの前で座るだけで感覚が全然変わります。

結局オフィスチェアはデスクの前で使うもの。デスクの前に持っていかないと、本当の真価は分かりません。

靴は脱いだほうがいい

会社で椅子を使う方は別ですが、自宅で使う椅子を試座するときは、必ず「靴」は脱ぎましょう。

靴があるのとないのとで感覚が全然変わってきます。

試座するときは「普段使うときのスタイル」をイメージして、できるだけ近づけましょう。


試座のコツと書いておきながら、当たり前のことばかり書いてしまった。
少しくらい試座をしたくらいでは椅子の良し悪しの判断は難しいですが、最低限試座をしないと何もはじまりません。

椅子の購入の際は必ず試座することがおすすめです!

結局私はどのオフィスチェアを購入したのか

散々迷って、散々試座した結果、私はオカムラのコーラルというオフィスチェアを購入しました。

お値段は約10万円!

*ちなみにオカムラのオフィスチェアに関してはこちらでも記事にしています。

しばらくはもやし生活が待っています(笑)

届いたらレポートしますね。

追記 コーラルを3ヶ月座った感想を書きました!

3 Comments

ととろ

とても役に立ちました!
コーラルの記事待ってます!

ちゃまお

コーラルを使って二か月ほどたちましたが、デスクワークが格段に楽になりました。
かなり気に入っております。

いつになるか分かりませんが、近いうちコーラルのレビュー書けたらと思っています^^

ととろさんコメントありがとうございました。

現在コメントは受け付けておりません。